MENU

2021-05-23から1日間の記事一覧

イッピン「鮮やか!あたたか!布のルネサンス~青森 南部裂織」

<番組紹介> 鮮やかな色と丈夫さを特徴とする青森の南部裂織(さきおり)。 安倍首相の外国訪問の際、 公式の土産品として選ばれた今注目の織物だ。 実は、古い布や 服を裂いて織りあげた、"エコ"な製品。 江戸時代以来、女性が織り続けてきた。 定番のこた…

青森県「南部裂織」

「裂織」は使い古した布を細く裂き、織り込み、 衣服や生活用品へと再生する織物です。 経糸に木綿糸、横糸に古布を用いて織った「裂織」は 丈夫で温かく、使い続けると柔らかな風合いになります。 江戸時代、寒冷な気候の為に木綿の育成や入手が難しかった …

イッピン「津軽塗」

<番組紹介> 多彩な塗りが特徴の漆器、青森県弘前市の津軽塗(つがるぬり)。 表面に無数の丸いくぼみがあるため、 持ちやすくて、こぼれにくいと 子どもから大人まで大人気のコップ。 内側と外側でまったく異なる表情の塗りを施した おしゃれなワイングラ…

青森県「津軽塗」

「津軽塗」は 青森県弘前市を中心とする地域で製作販売されている 青森県を代表する伝統的工芸品です。 津軽塗は青森県唯一の、経済産業大臣指定伝統工芸品です。 「津軽塗」という言葉が生まれたのは 明治6(1873)年に、 「ウィーン万国博覧会」に漆器を…

イッピン「丈夫でしなやか 心地よく~山形 鶴岡のシルク製品~」

<番組紹介> カイコのまゆの、外側部分。 外敵から身を守るために吐き出された 「きびそ」という希少なシルクで作った製品が人気。 世界的なテキスタイルデザイナーが 「きびそ」を使って生み出したバッグの秘密とは!? さらに数々の一流ブランドのスカー…

イッピン「北の大地 あたたかな器~北海道 札幌・江別の焼き物」

<番組紹介> 土のあたたかみを感じさせるマグカップや、 大地に生きる野草の美を封じ込めたような絵付けの皿が 今、大人気だ。 これらのイッピンは、 北海道の札幌市・江別市で作られた。 いずれも地元で採れ、 赤レンガの材料となる粘土を使っている。 故…

北海道「江別のレンガ」

北海道の街は煉瓦造りの建物が目立っています。 「北海道庁旧本庁舎」の他、 平成26(2014)年夏に出来た 北海道庁赤れんが庁舎前の歩道や札幌市北3条広場(アカプラ)にも、 「江別のれんが」が使われています。 江別市は札幌市の西隣にあります。 千歳川が…

イッピン「北の大地で生まれたバッグ~北海道 革製品~」

<番組紹介> かつて馬具作りが盛んだった北海道。 いま、その伝統を生かした、 ユニークな革のバッグが作られている。 馬に乗せる鞍の形をしたショルダーバッグ。 エゾジカの柔らかい革を使ったハンドバッグ。 そして機能的で丈夫なボストンバッグ。 それぞ…

北海道「革製品」

北海道の開拓は農耕馬と共にありました。 江戸時代、ニシン漁場で働いた「南部馬」が 厳しい冬を生き延び、野生化したのが 北海道産馬「どさんこ」のルーツと言われています。 馬体はかなり小型なのですが、 同じ側の前脚と後ろ脚を一緒に出す「側対歩」なの…

イッピン「軽くて ピタリ!~北海道 旭川の木製品~」

<番組紹介> さまざまな木製品が作られている北海道の旭川。 いま幅広い層に支持されているのが 精巧に作られたカードケースだ。 わずか数ミリの細かなパーツまで木で作り、 フタが一分の隙もなくピタリと本体に収まる 抜群の閉め心地。 その職人技に迫る。…

イッピン「かわいい!心地いい!木のイス」

<番組紹介> 木材資源に恵まれた北海道・旭川で作られる家具。 モダンなデザインと無垢(むく)材を使った 温かみあるイスが大人気。 海外のトップデザイナーからも注目を集める。 絶妙な曲線美と座り心地を持つイスは、 どのように作られているのか、 家具…

北海道「旭川家具」

明治末期、本州から旭川へ 大工や家具建具職人達が数多く移住してきました。 豊富な木材と腕のいい職人に恵まれ、 大正9年には大正時代最高の生産額に達し、 旭川は北海道最大の木工の町となりました。 ところが大正9(1920)年を頂点に、 世界的な不況により…

イッピン「個性が光る 北の大地の器~北海道 札幌の焼き物~」

<番組紹介> 北海道、札幌の焼き物。 個人作家が多く、自由な風土の中、 個性をいかした様々な製品が生み出されている。 女性らしい柔らかさを表現したいと作られたのは、 レースの模様が華を添えるアンティーク調の器。 使いやすさを大切にして作られたの…

北海道「焼き物」

現在、北海道には旭川市の「大雪窯」など 300程の窯があると言われています。 道内での焼き物作りは 江戸時代末期の安政年間に「函館」で始まったと言われています。 当時は「箱館」という地名でしたので「箱館焼」と言いました。 安政6(1859)年に 箱館奉…

イッピン・選 コレクション 「バッグ」

<番組紹介> 麻の紙でできたトートバッグ。 シルクの特殊な糸を使って編み上げたバッグ。 そしてアケビのつるで編んだバッグ。 どれも自然の恵みを受け、伝統の技を駆使して作られたもの。 これまで「イッピン」で紹介してきた、 ユニークなバッグの中から…

イッピン「斬新!丈夫!挑戦する漆~秋田 川連漆器~」

<番組紹介> これが本当に漆器!? カラフルなストライプのイタリアン・デザインのお碗。 金属器と見まごうしゃれたカップ。 モダンな器を次々に生み出す秋田の川連(かわつら)漆器 利山 LI-ZAN 「たなごころ」「ひとさじ」(佐藤善六漆器店) 漆工房 攝津…

イッピン「山から生まれた暮らしの道具~秋田・工芸品~」

<番組紹介> 東北を縦断する奥羽山脈。 その山の恵みが生んだ工芸品が秋田県にある。 横手市の山に自生するアケビのツルで作る手提げかごは、 丈夫で型崩れしない。 800年の歴史を持つ湯沢市の漆芸。 地元の漆の木からとった漆だけを使い、 1年をかけて塗り…

秋田県「川連漆器」

「川連漆器」は、 秋田県の南端、湯沢市川連町に受け継がれる伝統工芸品です。 今から約800年前の鎌倉時代に、 この地の城主の弟が、奥羽山脈の豊富な木材と漆を利用して、 家臣の内職として武具に漆を塗らせたのが始まりだそうです。 慶長年間(1596~1645…

イッピン「歴史が育む 技の冴え~栃木の服飾~」

<番組紹介> 栃木県ならではの服飾品。 まず、日光東照宮参詣のために作られた 「日光下駄」は 草履と下駄が一体化したもの。 雪深い冬場の参詣のために生み出された。 栃木は日本一の麻の産地でもあり、 古代の技法を復活させ、麻紙のバッグが開発された。…

栃木県「日光下駄」

格式を重んじる社寺参入の際には 「草履」を使用するのが原則でしたが、 雪や坂道の多い「日光社寺」では、 草履の下に下駄を合わせた「御免下駄」が考案されました。 普通の下駄は2枚歯ですが、 「御免下駄」は 前の歯が最先端に、後ろの歯が最後尾に付い…