MENU

2021-05-27から1日間の記事一覧

イッピン「おいしさ生みだす 魔法の土鍋〜三重 伊賀焼〜」

<番組紹介> 今回は三重県伊賀市の『伊賀焼』。 「火加減なし」で「噴きこぼれず」手軽に炊けると 大人気の「ごはん用土鍋」や、 余ったごはんがおいしく保存できる 「呼吸するおひつ」など、 伊賀では地元で採れる土とアイディアを活かして、 新しい製品が…

三重県「伊賀焼」

「伊賀焼」は三重県伊賀市等で作られる焼き物です。 伊賀では、 耐火度の高い粘土が採取出来ること、 薪に最適な赤松の森林が豊かであったことから、 古くから陶器が焼かれていました。 歴史 伊賀焼の特徴 歴史 「伊賀焼」の始まりは7世紀後半から8世紀に…

イッピン「モダンで精緻!“文様の美”写す紙・伊勢型紙」

<番組紹介> 夜をすてきに演出する「ライトスタンド」。 表面に刻まれた花や木々の繊細な文様の美しさが評判を呼んでいる。 素材は「伊勢型紙」。 三重県鈴鹿市で作られる文様を手彫りした型紙だ。 本来、着物を作るときに 生地に柄をつけるための“道具”。 …

三重県「伊勢型紙」

「伊勢型紙」とは、 三重県鈴鹿市で作られている 友禅、ゆかた、小紋などの柄や文様を 着物の生地を染めるのに用いるもので、 千有余年の歴史を誇る伝統的工芸品です。 和紙を加工した「渋紙」と言われる型地紙に、 彫刻刀で着物の文様や図柄を丹念に彫り抜…

東京都墨田区「江戸型彫 」

「型彫」とは、着物の染色に使う型紙のことです。 和紙を柿渋で加工した型地紙に 彫刻刃で着物の紋様や図柄を彫り抜いたものです。 この技術は室町時代に完成し、 江戸時代には微細な紋様などを染めるため 紙の間に細い絹糸を縦横に貼って補強した型紙が開発…