MENU

熊本県・肥後象嵌

「肥後象眼」(ひごぞうがん)
熊本県熊本市で作られている金工品です。
 
「肥後象眼」の特徴は、
武家文化を反映した「重厚感」と「上品な美しさ」です。
深い黒地に金銀の意匠が映える象眼の美しさは
派手さを抑えて品格を漂わせています。
「肥後象眼」の始祖は
江戸時代初頭の鉄砲鍛冶である林又七と言われています。
 
林又七は尾張の人で、
肥後の加藤家・細川家に仕え、
「尾張透鐔」(すかしつば)に工夫を加えた巧みな透かしと
「布目象眼」により
「肥後鐔」(ひごつば)を完成させ、 林派(春日派)の祖となりました。
 
もう一人、細川忠興に仕えた平田彦三は
地金に銅や真鍮、赤銅などを用いた象眼の「鐔」(つば)を製作しました。
 
このように「肥後象眼」は細川家の庇護を受け、
刀の鍔(つば)、小柄(こづか)等に独特の意匠を凝らし、
武家のダンディズムとして愛好されてきました。
特に幕末には、
林又七の再来と呼ばれる名人「神吉楽寿」(かみよし らくじゅ)が出現し、
「肥後象眼」は不動の地位を築きます。
 
 
明治維新によって「廃刀令」が発布され、
刀剣金具の需要が無くなり、
「肥後象眼」も衰退の憂き目に合いますが、
装身具や茶道具等に技術の転用を図ることで再び活路を見出し、
令和の時代まで、
およそ400年もの間、脈々とその伝統が受け継がれてきています。
 
肥後象嵌には、「布目象嵌」(ぬのめぞうがん)とか
「彫り込み象嵌」(ほりこみぞうがん)などの技法がありますが、
現在行われているのは、ほとんどが「布目象嵌」(ぬのめぞうがん)です。
 
「布目象嵌」(ぬのめぞうがん)とは、
金属の板に細かく溝を作り、
そこにアルミ箔ほどの厚さの金箔、銀箔を道具を使って
埋め込む伝統技法です。
縦・横の連なる溝が布目のように見えることから
「布目象嵌」(ぬのめぞうがん)と呼ばれています。
 
「肥後象嵌」では、
地金に塗料等を使わずに
錆色だけで深い黒色に仕上げることで地金の美しさを引き出し、
特徴である「重厚感」や「上品な美しさ」を表現しています。