MENU

青森県「津軽びいどろ」

「津軽びいどろ」は、
昭和61年に津軽地方にある七里長浜からすくい上げた砂を
硝子の原料に加えて作って出来た、渋い緑褐色が特徴の硝子です。
現在は七里長浜の砂を使用していません。
 現在の「津軽びいどろ」は、
緑や青・赤・黄色・白・黒色など様々な色があります。
この「津軽びいどろ」を生産しているのは
「北洋硝子」というガラス製造会社です。
 
「宙吹き」「型吹き」「スピン」「圧迫」「ピンブロー」など9つの技法、
100色以上のカラーバリエーションを用い、
それまで「涼」のイメージの強いガラス製品を
「ぬくもり」のあるものにしています。
 
日本ならではの四季の色にこだわった色を様々に組み合わせた
「津軽びいどろ」の各シリーズは、多くの人を魅了しています。
 
「北洋硝子」の始まりは漁業用の浮玉製造でした。
昭和50(1975)年頃にプラスチックの浮玉が普及するまで、
北洋硝子が国内の浮玉生産の約60%を担っていたそうです。
時代の変遷により、
浮玉の主流はプラスチック製に切り替わりましたが、
長年培った「宙吹き」の技法を用いて、
青森の自然をイメージさせるガラス製品の創作に取り組み、
昭和52(1977)年に
主力ブランドとなる「津軽びいどろ」を誕生させました。
 
「津軽びいどろ」は、
紀元前1世紀頃から受け継がれてきた
「宙吹き」の技法で作られています。
津軽半島の西側に広がる
七里長浜の砂 (「珪砂」・現在は違いますが)を
約1400℃で溶融します。
そして、ドロドロに溶けたガラス種を吹き竿に巻き取り、
息を吹き込んで膨らませ、
上下左右に竿を振りながら形を整えて、
「津軽びいどろ」は出来上がります。
 
「津軽びいどろ」は、
日本を代表するハンドメイドガラスとして
テーブルウェアだけでなくライフスタイル全般に
豊かな彩りと季節感を演出しています。
 
かつて浮玉を吹いていた職人達の技術と精神を引き継いだ
伝統工芸士と若い硝子職人達が心を合わせ、
常にに新しい技へのたゆまない努力を続け、
現在では青森県伝統工芸品の指定を受けるに至りました。