MENU

三重県「伊勢型紙」

 
 
「伊勢型紙」とは、
三重県鈴鹿市で作られている
友禅、ゆかた、小紋などの柄や文様を
着物の生地を染めるのに用いるもので、
千有余年の歴史を誇る伝統的工芸品です。
和紙を加工した「渋紙」と言われる型地紙に、
彫刻刀で着物の文様や図柄を丹念に彫り抜いたものです。
 
 

歴史

型紙の起こりについてはいくつかの説があります。
奈良時代に孫七という人が始めたという伝説、
子安観音の和尚が、虫食いの葉を見て型紙を思いついたという伝説、
平安時代に型売り業者がいたという説、
応仁の乱の時に、
京都から逃れてきた型彫り職人が 型彫りの技術を伝えたという説など、
いくつもの伝説や言い伝えがありますが、
特定できる説はなく、解明されていません。
 
江戸時代、伊勢の白子・寺家(じけ)両村(ともに現在の鈴鹿市)は
徳川御三家の一つ紀州藩に編入されていて、
その紀州藩の保護下で、独占的に、
しかも全国的な規模による型紙販売の組織を形成していました。
 

 
この頃、武士の裃には小紋が用いられ、
またその小紋はどんどん細かくなっていました。
型を彫る職人と染める職人の協同で型紙は発展をしていったと
言われています。
型売り業者は株仲間を組織して、
紀州藩の保護を背景に全国各地に型紙を売り歩きました。
その結果、全国的に「伊勢型紙」は広まりました。
 
明治4年の廃藩置県とその後の統合により、
白子村・寺家村は今の三重県に属することになりました。
同時期に「株仲間」の組織が解体されましたが、
実質的には強力な専売体制がその後も続きます。
 

 
明治初期、京都では広瀬治助により「型友禅」が考案され、
「京小紋」が生産されました。
終戦後に国内の復興が進むと、再び着物の需要が増え、
型紙業者も戻って来て、昭和40年代にピークを迎えました。
 

 
 

伊勢型紙の現在


www.youtube.com

 
現在でも、「渋紙」の生産は100%白子・寺家地区で行われています。
 
着物の需要は減っています。
また新しい技術を用いて染色することが出来るようになったために、
型紙の需要は減り、そのため型紙業者も減っています。
 
そこで、伝統的工芸品である「伊勢型紙」の技術を伝えていくために、
伊勢型紙技術保存会」が立ち上がりました。
昭和58年4月には、
「伊勢型紙」は「伝統的工芸品(用具)」の指定を受けました。
また平成5年に、
保存会が「伊勢型紙」の重要無形文化財保持団体として認定されています。
 
昭和30年2月、「伊勢型紙」が持つ高度の技術に対して
以下の方々が「人間国宝」に指定されています。
  • 六谷紀久男 (錐彫り)
  • 児玉博   (縞彫り)
  • 南部芳松  (突彫り)
  • 中島秀吉  (道具彫り)
  • 中村勇二郎 (道具彫り)
  • 城之口みゑ (糸入れ)
(現在、御存命の方はおられません。)
 
 
また新しい活用法も模索されていて、
照明器具などへの応用や、建築建具に用いるなどの活用を図っています。
 

 
 

伊勢型紙の彫刻技法

縞彫り

定規と彫刻刃で均等の縞柄を彫ります。
単純な作業のようですが、
1本の縞を彫るのに同じ場所を三度続けて小刃でなぞるため、
極めて正確な技術が必要です。
1cm幅に最高で11本もの縞を彫ることもあります。
この彫りには「糸入れ」が必要です。
 

突彫り

5~8枚の型地紙を穴板という台に置いて、
刃先が1mm~2mmの小刃で、
垂直に突くようにして前に彫り進みます。
これには補強のために「紗張り」をすることもあります。
直線や大きな柄を彫る場合に、
現在では小刃を手前に引くようにして彫ります。
彫り口が微妙に揺れるので、独特の温かい感じがあります。
 

道具彫り

 
 花・扇・菱などの形に造られた彫刻刃を使って
色々な文様を彫り抜きます。
この技法は道具造りから始まり、
道具の出来栄えが作品を大きく左右します。
道具彫りの特徴は文様が均一になること、
多様な形が表現できることです。
江戸小紋では一般的な技法で、
俗に「ごっとり」とも呼ばれています。
 

錐彫り

 
小紋を彫る技法では、
鮫、行儀、通し、霰などの種類があります。
刃先が半円形の彫刻刃を型地紙に垂直に立て、
錐を回転させながら小さな孔を彫っていきます。
1㎠に100個程の穴が彫られた作品もあります。
 


www.youtube.com