MENU

三重県「萬古焼」

 

 
三重県四日市市の代表的な地場産業であり、
昭和54(1979)年に国の伝統工芸品に指定された 「四日市萬古焼」。
四日市市と菰野町を中心に、窯元数は100社以上に上ります。
 
 

産地

「萬古焼」の産地・四日市は、
東海道沿線にあり、交通の便に優れた宿場町として、
文化や流通が発達してきました。
ただ周辺に、
瀬戸・美濃・常滑・信楽・京都などの大きな窯場地があり、
焼き物に適した土の採取も困難なため、
決して恵まれた環境ではありませんが、
他の窯業地にはない
新技術の開発や、造形やデザイン性、海外メーカーとの流通の開拓など、
多くの創意工夫をすることで、
独自のオリジナリティを生み出してきました。
そのため、
「萬古の印があることが一番の特徴」と言われるほど形は多彩です。
 
 

歴史

「萬古焼」は
江戸時代元文年間(1736~1740年)に
桑名の商人・沼波弄山が茶の趣味が高じて
現在の三重郡朝日町小向に窯を築き
自分で茶器を焼き始めたのが始まりとされています(古萬古)。
 
その作品が変わらずに永遠に残っていくようにとの意味から
「萬古」または「萬古不易」の印を押したのが
名前の謂れとされています。
 

 

 
弄山の死後、「萬古焼(古萬古)」は一時期途絶えるのですが、
その約30年後、 古物商であった
森有節(もり ゆうせつ)・千秋(せんしゅう)兄弟により再興されました
(有節萬古)。
 
抹茶に代わり、流行し始めた煎茶のための急須が誕生したのが
この時期です。
華麗な粉彩による大和絵の絵付と、
木型成形法によって製造された斬新な急須は桑名の名物となり、
桑名藩も製造を奨励しました。
 

 
 
元々四日市が発祥ではなかった「萬古焼」が
「四日市萬古焼」と呼ばれ、四日市に定着したのは、
明治時代に入ってからです。
四日市市末永の大地主で村役であった山中忠左衛門は、
「有節萬古」の人気に注目し、
四日市の地場産業として窯業を興したいと窯を築き、
道具と陶土を与えて苦労して会得した陶法を一般に公開し、
量産体制を確立。
四日市港の開港、関西鉄道の開通により、販路は大きく広がりました。
 

 
更に、川村又助が海外輸出への足掛かりを作り、
堀友直が海外向け製品の考案を行ったことなどから、
海外への販路が広がり、地場産業として定着していきます。
明治中頃に材料の白土が枯渇すると、
赤土を用いたろくろ引きの「紫泥急須」を開発すると、
それが人気となって、全国有数の陶磁器の産地として発展を遂げました。
 

 
戦後、「萬古焼」の復興は速やかに進みました。
昭和34(1959)年頃、高熱を加えても割れない陶土の開発に成功し、
「割れない土鍋」として国内シェアを伸ばしました。
 

 
昭和60(1985)年以降の急激な円高により
海外への出荷は落ち込みますが、
国内向けの出荷額はほぼ横ばいを続けています。
 
四日市市内陶栄町には「萬古神社」があり、
沼波弄山が祀られ、山中忠左衛門の碑があります。
毎年「萬古祭り」や「土鍋供養祭」が行われ、大勢の人で賑わいます。
 
萬古神社
  • 住所:〒510-0035
    三重県四日市市陶栄町3-21
    (近鉄名古屋線川原町駅下車、徒歩5分)  
  • 電話:059-331-3496
 
人気陶芸家の内田鋼一さんにより平成27(2015)年にオープンしました。
展示品の中心は
「古萬古」や「有節萬古」と呼ばれる古いものではなく、
明治時代から戦後にかけて発展したデザイン性の高い「萬古焼」です。
他に、年に2回の企画展も行われています。
 
BANKO
アーカイブデザインミュージアム 
  • 住所:〒510-0032
    三重県四日市市京町2-13-1F
  • 時間:11:00-18:00
  • 休み:火・水曜日
  • 電話:059-324-7956
 
平成28(2016)年に開催された
「第42回 先進国首脳会議」(伊勢志摩サミット)では、
首脳陣の乾杯の際に萬古焼の盃が使用されました。
 
 

萬古焼を代表する商品

1.土鍋

 
「土鍋」は萬古焼を代表する商品で、
国内シェアの80~90%近くを占めています。
街中で見られる国産品土鍋のほとんどが、
「萬古焼」と言っても過言ではないでしょう。
 
近年は、大きさや形状も様々に増え、
多彩な商品が開発されています。
 
<陶板>
 
<タジン鍋>
 
<ごはん釜>
 
<炭コンロ>
 
特に高度な技術を使った
電磁調理器具用のIH土鍋の開発も盛んです。
 
 
 
「萬古焼」の特徴は「陶土」にあります。
ロケットの塗装にも使われる「ペタライト」という
熱に強いリチウム鉱石を混ぜて焼くことで、強度がアップ。
耐熱性に特に優れ、
ガスレンジや炭火などの空焚きや直火に対しても、
高度の耐久性を発揮します。
 
 

2.紫泥急須

 
「紫泥急須」もまた「萬古焼」を代表する商品の一つです。
使い込むほどにお茶のタンニンと肌が反応し合い、
お茶の風味がまろやかになっていくと言われています。
 
明治時代以降、煎茶の流行を受け急須の製作が始まり、
現在のような焼き締めの急須が大勢を占めるようになりました。
 
萬古焼の急須の特性は、その土に由来します。
「紫泥」(しでい)と呼ばれる鉄分の多い土地元の赤土粘土は、
繊細で扱いが難しいのですが、
窯でしっかりと還元焼成させることにより
何とも言えぬ美しい色に焼き上がります。
 
生産量全国3位を誇る三重の「伊勢茶」と取り合わせてみては
いかがでしょうか。
 
 
 

蚊遣り豚(かやりぶた)

 
日本の夏の風物詩、「蚊遣り豚」は
三重県菰野町の名産品の一つです。
耐熱性が高く壊れにくい「萬古焼」は、
蚊取り線香入れにぴったりです。