MENU

イッピン「彩り豊かに 使いやすく~三重 萬古焼~」

<番組紹介>
蓋を工夫した炊飯用の土鍋。
液だれしにくいしょうゆ差し。 そして多彩に色づけされたビアマグ。
どれも、三重県四日市市の焼き物、萬古焼だ。
江戸時代から、使いやすく、暮らしに彩を添える器を生み出してきた。
明治以降は、海外への輸出も盛んに。
そのひとつがビアマグだ。
イギリス・スイス・オランダなどに向け、
それぞれのお国柄を反映した絵が描かれている。
食卓に彩を添え、暮らしに役立つように施された、
技と工夫を見ていく。
 
 

大黒ごはん鍋(萬古焼 大黒窯)

 
「土鍋」は萬古焼を代表する商品で、
国内シェアの約8割を占めます。
萬古焼の特徴は「陶土」にあります。
ロケットの塗装にも使われる「ペタライト」という
熱に強いリチウム鉱石を混ぜて焼くことで強度がアップ。
耐熱性が抜群に優れていて、
直火や空焚きなどの熱に対しても高度な耐久性を持っています。
 

 
「大黒ごはん鍋」は、
かまど炊きのような美味しいご飯が炊ける土鍋です。
一番の特徴は、「火加減調整がいらないところ」。
オーブンやガスコンロで、
最初から最後まで同じ火加減で炊くことが出来ます。
ごはんだけでなく、
雑炊やカレー、シチュー、鍋物にも使える万能土鍋です。
 
超耐熱性の製品だから、
冷蔵庫から出してすぐに直火にかけても、割れることがありません。
直火、電子レンジ、オーブンいずれにも対応しております。
 
持ち手には、職人さんの手跡が残っている場合があります。
手作業のため、力加減によりどうしてもついてしまうそうですが、
まあ”味”・・・なんですかね。
 
 
<大黒ごはん鍋の特徴>
かまど炊きのような美味しいご飯が炊き上がります。
火加減いらず。
最後まで同じ強さで炊くことが出来ます  (9分~15分)。
マイナスイオンが発生するセラミック炊飯器です。
マイナスイオンと遠赤外線で早くご飯が炊けます。
オーブン、ガスコンロ(直火)に使えます。
炊き込みごはん、雑炊、カレー、シチュー、
鍋物などにもご利用いただけます。
本体は超耐熱性のため、 冷蔵庫からすぐに直火にかけても割れません。
 

 
< 炊き方(2合)>

  1. お米を洗い、30分浸水させる
  2. お米を大黒釜に入れ、
    内釜に彫られている下から2本目の線まで水を加える。
  3. 内蓋、外蓋をし、中火より少し強めの火で9分。
  4. そのまま10分蒸らす。
 

 萬古焼 大黒窯 

  • 住所:〒510-0016
       三重県四日市市羽津山町20-9   
  • 電話:059-331-6037
 

 
 

萬古焼の醤油差し(萬古焼 醉月陶苑/醉月窯)


www.youtube.com

 
 
日本人の食卓に欠かせない醤油差し。
こちらの醤油差しは
醉月窯の清水醉月さんと
料理研究家の大原千鶴さんが作り出したものです。
 
醤油差しで厄介なのは、注ぎ口が液だれして汚れること。
そして蓋の縁に付着する結晶が掃除しにくいこと。
それを注ぎやすい良質な急須で知られる萬古焼の技で見事解決!
鋭く作られた注ぎ口は液だれが生じることなく、
いつでも快適に使えます。
胴に合わせて蓋はぴったりと合わさるように作られ、
口の周りに醤油が固まることもありません。
 
購入をご希望の方は、「醉月陶苑」に直接ご注文下さい。
 

 萬古焼 醉月陶苑 

  • 住所:〒510-0008
       三重県四日市市南いかるが町19−4   
  • 電話:059-332-8218
 

 

 

海外向けビアマグ

 
明治時代に入り、
阿倉川の白土を原料に木型・土型を駆使して、
文明開化の雰囲気のある突飛なデザインの萬古焼が、
海外に大量に売り出されました。
そのひとつがビアマグです。
イギリス・スイス・オランダなどに向けた
それぞれのお国柄を反映した絵が描かれています。
 

f:id:linderabella:20210513110253j:plain