MENU

イッピン「カラフル&アート コットンに革命を!~兵庫 播州織~」

<番組紹介>
兵庫県西脇市を中心とした地域で作られている 「播州織」。
先に染めた糸を織ることで、
繊細で複雑な色柄を作りだす綿織物だ。
工程のほとんどが分業で、それぞれの技術を極めた
腕のいい職人たちが新しい製品を生み出している。
極細の糸を織った淡いグラデーションのストール。
立体的な柄のシャツ。 古い織機の柔らかな織りを生かしたパンツ。
リサーチャーは中越典子さん。
付加価値のある新たなものづくりに挑戦する人々の思いに迫る。
 
 

播州織ストール「fabori」(兵庫 播Bon)

「播(Bon)」は、昭和43(1968)年創業の
産地に根付いた100%日本製にこだわった物作りに取り組む
生地メーカーです。
 
ファボリ(fabori)」は、お気に入りの1枚を
沢山の色柄の中から選ぶ楽しさを感じて欲しい・・・。
そんな思いから、
英語の「お気に入り(favorite)」「織物(fabric)」と
日本語の「織り(ori)」を組み合わせて名付けられました。
 

 
播州織ならではの
「先染め織物ならではの豊かな色彩」と「やわらかな風合い」
特徴です。
 

株)播

  • 住所:〒677-0017
       兵庫県西脇市小坂町45−2   
  • 電話:0795-22-5551
 
 

播州織・モールストライプシャツ(POLS(ポルス))

 
明治34(1901)年創業の先染織物メーカー「丸萬」と
テキスタイルデザイナー・梶原加奈子さんとのコラボレーションにより、
平成27(2015)年に誕生しました。
 
極薄のローン地に
ふっくらとした起毛モールのストライプを配した軽量シャツ地。
異なった素材を組み合わせて生まれる立体的なコントラストは、
薄着の夏のコーディネートを表情豊かに演出してくれます。
 
       (注)イメージです。POLSの商品ではありません。
 
やや大振りなボールドストライプも、
柔らかなモール素材で表現することで
カジュアル感をプラスしてくれます。
 

丸萬

 
  • 住所:〒677-0015
       兵庫県西脇市西脇405   
  • 電話:0795-22-5551
 
 

tamaki niime (玉木新雌さん)

 
玉木新雌(たまき にいめ)さんは福井県生まれ。
理想の布を探し求める中、「播州織」に出会い、兵庫県西脇市に移住。
播州織をアレンジした「新たな播州織」を生み出し、
平成16(2004)年にブランド「tamaki niime」を 立ち上げます。
 

 
1965年製のベルト式力織機を導入して
自らが織り上げた 「only one shawl」は
最新の機械では出せない独特な織柄の立体感が評価されて人気。
 

 
また経済産業省の「ザ・ワンダー500」にも選定され、
地場産業であった「播州織」を世界ブランドにまで高めました。
 

 
現在は、ショールを中心に、
シャツ、パンツ、子供服、バッグなどを製作しています。
 

f:id:linderabella:20210513110253j:plain