MENU

イッピン「世界も驚く!変幻自在の色とカタチ〜富山 高岡銅器〜Ⅰ」

<番組紹介>
今回は400年の歴史を持つ富山県の高岡銅器。
銅と言えば、銅像や仏具といったちょっと遠い存在…
そんなイメージを覆す、
カラフルでスタイリッシュな製品が続々と誕生している。
独特のバラエティーに富んだ色合いと、
意外なものを使った着色法に密着取材。
また伝統の鋳造法を駆使し、
一流デザイナーと手を組んだ斬新なインテリア用品も誕生!
海外進出をもくろみ、動き出した。
先端を走る高岡銅器の魅力に女優・川上麻衣子が迫る。
 
 

1.折井宏司さん(モメンタムファクトリー・orii)

 
折井さんは昭和25年創業の「折井着色所」の三代目です。
高岡銅器の製造工程はしっかりと分業化されており、
各工程を高度な技術を持った職人がそれぞれ受け持っています。
その工程の中で
「折井着色所」は高岡銅器の「着色工程」を専門に担ってきました。
 

 
折井さんは、
「唯一金属の中で、”銅”という素材だけが
 赤にもなったり青にもなったりいろんな色に変わる」と話しています。
銅の色付けに必要な素材は、
大根、糠(ぬか)、米酢、梅干、日本酒など。
 
 

 
銅に糠をまぶし高温で焼き付け、米酢を何度も塗りバーナーで熱します。
そうすることにより赤や深い茶色などに変化させることが出来るのです。
この基本となる色付けをベースに、
折井さんは試行錯誤を重ね、
芸術性の高い、新しい着色法を生み出しました。
そしてオリジナルのクラフト作品を作り、
ニューヨークの展示会に出品し、
外国の建築家やデザイナーから称賛を浴びることになったのです。
皇居の装飾具も手掛けるほど、その実力も認められています。
 
  • 住所:〒933-0959
       富山県高岡市長江530
  • 電話:0766-23-9685
 
 

2.駒澤義則さん

 
高岡銅器の海外進出を図る
新ブランドの代表・駒澤義則さんは
「デザインは
 レディー・ガガさんの舞台衣装を作っている方が作った作品もある。
 そういうファッションデザイナーを起用することで、
 我々の業界に新しい風を吹き込もうとしている。」と話した。
2年前からは
フランスで行われる見本市「メゾン・エ・オブジェ」にも参加。
今年は海外のインテリアショップなど
およそ40社から商談を持ちかけられたそうです。
 
 

3.KAGO(能作)

 
能作は、大正5(1916)年創業の高岡銅器を扱ってきた老舗です。
創業当時は主に仏具、茶道具、花器を製造していましたが、
ライフスタイルの変化や景気の低迷などから、苦境に立たされますが、
平成13(2001)年に素地の美しさを生かした真鍮製のベルが注目を集めます。
更にこのベルに短冊をつけて風鈴にしたとたん、
毎月1,000個以上が売れる大ヒットになりました。
 

 
錫の加工は通常、硬度を持たせるため他金属を加えますが、
能作は錫100%の加工に挑戦。
「曲がるのなら曲げて使える食器をつくろう」と
逆転の発想をしたことから、
曲がる「KAGO」シリーズを始め、
能作を代表する数々の錫製品を生み出しました。
 
 

 
 
「KAGO」シリーズは、
一見平な板のような形をしていますが
少し力を加えるだけで自由に形を変えることが出来る製品です。
 

 
 

参考記事

 

f:id:linderabella:20210513110253j:plain