MENU

美の壺「風土を織り込む 紬」<File 537>

<番組紹介>
絹糸を染めて織り上げる着物、紬(つむぎ)
 ▽繭から真綿を作り、手で糸を紡ぐ結城紬
 ▽奄美大島で絹糸を染めるのは島の泥。
  清流で泥を流すと現れる艶めく黒。
  大河ドラマ「西郷どん」のテーマ曲を歌った
  里アンナさんが
  祖母から受けつぐ泥大島を着て歌う「糸繰節」
 ▽長野県安曇野で守られてきた、
  絹のダイアモンド、天蚕糸。
  神秘の輝きが紬に。
 ▽古美術鑑定家中島誠之助さんも登場。
  紬と古美術の共通点とは?
初回放送日: 令和3(2021)5月7日
 
 

美の壺1.平らかに積み重ねる糸の温もり

 

古美術鑑定家が語る紬(中島誠之助さん)

 
 
東京・赤坂のホテルニューオータニの庭園を散策するのは
古美術鑑定家の中島誠之助さん。
中島さんは長年「紬」を愛用しています。
今日は、25年間着ているという「結城紬」で登場下さいました。
 
 
中島さんは、
「紬」はその土地の風土、作った人達、紡いでくれた人達の技が
直接肌に伝わってくるのが魅力だと言います。
 
「古美術品」は、500年前のものを見た時に
500年前の人と対話が出来るのですが、
「紬」にもそれと同じような感覚があります。
 
手仕事で紡いでくれた人達の技が肌に伝わり、
その土地の風土が伝わってくるのだそうです。
中島さんの「いい仕事してますね」という常套句も、
見た目だけでなく、その物を作る人とその物を形作ってきた
何十年何百年という文化の積み上げに対しての言葉なのだ
と語って下さいました。
 
 

結城紬の魅力(呉服問屋「奥順」店主・奥澤武治さん)

 
茨城県と栃木県にまたがる鬼怒川は、
かつては「絹の川」とも呼ばれるほど、
桑畑が広がる一大養蚕地でした。
 
「結城紬」は、茨城県結城市を中心として、
主に茨城県、栃木県の鬼怒川流域で作られている絹織物です。
 
「真綿」から手で紡ぎ出した
「紬糸」(つむぎいと)と呼ばれる糸を使って織られていて、
ふわりと軽く温かいことに加え、
丈夫でシワになりにくいという特長があります。
その丈夫さは、「三代着て味が出る」と言われるほどで、
着るたびに味わいが増していくので、
一生物の着物として大切に着続ける人が多いと言われています。
また、精緻な「亀甲模様」や複雑な「絣柄」で構成された柄も
美しいです。
 

 
 
贅沢が禁止されていた江戸時代、
質素で堅牢な「結城紬」(ゆうきつむぎ)
武士や町人に好まれました。
 
「結城紬」の、高度で手間の掛かる伝統的な技法、
「手つむ・絣くくり・地機(じばた)織り」の3工程が
紬織りの原点と評価されて、
昭和31(1956)年に国の重要無形文化財として指定、
昭和52(1977)年には国の伝統的工芸品に指定されました。
また、卓越した技工は世界的にも守るべき貴重な技として、
平成22(2010)年にはUNESCO無形文化遺産にも登録されました。
 

 
創業明治40(1907)年の結城紬を扱う問屋「奥順」は、
創業以来産地の機屋と連携しながら、
結城紬の企画とデザイン及び販売流通を請け負う「製造問屋」として、
産地の発展に寄与してきました。

 
奥順」の店主・奥澤武治(おくざわ たけじ)さんに
「結城紬」について伺いました。
 
「結城紬」の糸は「真綿」から手で紡ぎます。
「真綿」とは、蚕の繭を煮て柔らかくして広げたものです。
その糸にはたくさんの空気が含まれているため、
温かく、柔らかく、心地良い感触をしています。
奥澤さんは、子供の頃に風邪をひくと、
お母さんやお祖母ちゃんに
首の周りに真綿を巻いてもらったそうです。
 

「結城紬」が出来たのも
こんなに温かくて軽い糸を紡いで織ったら、
いいものが出来るのではないかという
生きるための知恵から生まれたのでは、
と語って下さいました。
 
日本全国に数ある紬の中でも、
経糸・緯糸の両方とも「手つむぎ糸」を使うのは
「結城紬」だけです。
 

 
「奥順」では、平成18(2006)年に
結城紬のミュージアム「つむぎの館」をオープンさせました。
番組撮影も行われたこのミュージアムには、
「結城紬」が展示されている他、染め織り体験も出来ます。
 

 
 結城紬のミュージアム
 「つむぎの館」 
  • 住所:〒307-0001
       茨城県結城市大字結城12-2
  • 電話:0296-33-5633
 
 

紬が織りなす技「真綿かけ」
(結城紬の糸紡ぎの伝統工芸士・植野知恵さん)


www.youtube.com

 
 
ところで、「紬」は繭からどうやって生まれ変わるのでしょうか。
植野知恵(うえのちえ)さんは、この道50年、希代の名人。
植野さんに「真綿かけ」の工程を見せていただきました。
 
「真綿かけ」とは、
煮た繭(まゆ)をぬるま湯の中で袋状に広げる作業です。
繭の中には蛹(さなぎ)と皮が入っているのでそれを取り除き、
それから大きな袋状にします。
その袋状のものを5枚重ねたら両手を八の字にして、
厚みが均一になるよう伸ばしていきます。
「平らに平らに。いい糸が紡げますように」と
心を込めて願いながらの丁寧な作業。
袋状にするのは、
弾力のある上質な糸をとるための先人の知恵だそうです。
 
ところで、植野知恵さんは
北村織物(きたむらおりもの)さんの製糸部門に在籍されています。
北村織物」さんは本場結城紬の織元です。
こちらでは、重要無形文化財に指定された結城紬の製造工程
「糸つむぎ」「絣くくり」「地機織り」の
3工程全てが見学出来る数少ない工場のひとつです。
 
  • 住所:〒307-0001
       茨城県結城市結城3564
  • 電話:0296-33-3567
 
 
次は、「糸紡ぎ」(いとつむぎ)の工程です。
「紬」の語源は、「真綿」から糸を紡ぐ手作業に由来しています。
「真綿」を乾かし、途切れないように、手で紡いでいきます。
唾液が糊の役目を果たし、
節と汚れを取り除きながら、どこまでも続く1本の糸になります。
1着の「紬」に必要とされる繭は、何と約2,000個。
その長さはおよそ30kmにもなり、そのため3か月程の時間を要します。
 
この「真綿」の魅力を最大限に生かした
「紬糸」によって織られた「結城紬」は、
ふわりと軽く、温かな着心地と肌触りと美しさ、
そして丈夫さを併せ持っています。
 
 

「亀甲模様」を織りなす技「絣くくり」(伝統工芸士・野村孟さん)

「結城紬」を代表する模様は、
亀の甲羅をかたどった「亀甲模様」(きっこうもんよう)です。
 

 
六角形の中に十字を描く絣模様で、
染め上げた糸を織り上げることで生まれます。
「絣」とも呼ばれる
この模様を織り上げるための糸の染め分けにも
匠の技が生かされています。
 

 
野村孟(のむらたけし)さんが
「絣くくり」の工程を見せて下さいました。
ピンと張られた絹糸には、
模様になる部分は予め墨で印が付いています。
「絣くくり」とは、
その印を寸分違わずに木綿糸で結んでいく工程です。
その糸を染め上げると、
糸を結んだ部分は染まらずに模様として残ります。
 
1つの着物の紬にくくりつける糸は、
平均でも10万か所に及ぶそうです。
心穏やかに、平らに括り付けることを心掛けているという野村さん。
集中力が問われる作業です。
 
染め分けた糸は経糸、緯糸に張り織り上げられ、
「亀甲模様」が浮かび上がりました。
 
 

結城紬「地機織」(伝統工芸士・小島美佐子さん)


www.youtube.com

 
 
地機織(じばたおり)の工程を見せてくれたのは、
伝統工芸士の小島美佐子(こじまみさこ)さんです。
 
結城紬は「地機」で織られています。
「地機」は経糸を腰で吊り、製織者が腰を使って張力を調整します。
織り手の微妙な腰の動きで、経糸に張り具合が変わると言われ、
そのため独特の風合いが出ます。
「結城紬」は、人機が一体となって糸から布へと織り上げられているのです。
 
 

美の壺2.土が染める黒の味わい

 

「糸繰節」に育まれて(里アンナさん・島唄歌手)

 
大島紬の故郷・奄美大島。
大河ドラマ「西郷どん」のメインテーマを歌った
里アンナさんが登場しました。
 
奄美大島で育った里さんにとって、大島紬は常に身近な存在です。
「島唄」と「機織りの音」はいつもの生活の音でした。
ご家族は大島紬の仕事をしていて、
祖母の恵オリさんが機織りをしている時、
その傍らで、
お祖父さんと島唄「糸繰節」の練習をしていたのだそうです。
 
祖母様から受け継いだ「大島紬」を着て、
唄を披露して下さいました。
 
里さんが着ていた大島紬は、
「杉木立柄」(すぎこだちがら)という呼ばれるもので
島の泥で黒く染めたものです。
地味で繊細なのに凛とした強さや艶やかさを感じます。
 
「この着物を着ていると、おばあちゃんと一緒にいるような、
 おばあちゃんに守ってもらっているような気がします。」と
里さんはお祖母様を懐かしみ、
「大島紬」の魅力を語って下さいました。
 
今回の撮影は、
薗家住宅主屋(そのけ じゅうたくしゅおく)で行われました。
西郷どんのドラマの撮影にも使われました。
薗家住宅主屋」は、明治期に建造された「登録有形文化財(建造物)」です。
個人所有のため、家屋内への立ち入りは禁止ですが、
庭園の見学は可能だそうです。
 
薗家住宅主屋
  • 住所:〒894-0508
       鹿児島県奄美市笠利町大字用安85
 
 

大島紬「絣締め」(伝統工芸士・元允謙さん)


www.youtube.com

 
 
江戸時代、大島紬は税として納めていた貴重な織物でした。
着ることを禁じられていた島民は
持っていた紬を田んぼに隠したところ
黒く染まったことが「大島紬」の由来になったそうです。
 
大島紬の伝統的な柄「龍郷柄」(たつごうがら)
この柄は、江戸末期に薩摩藩から
「奄美大島を一番良く表現した大島紬を献上せよ」との命が下り、
図案師が月夜に庭を眺めていた時に
たまたま一匹の金ハブが月
の光で背模様をキラキラと輝かせながら
青々とした蘇鉄の葉に乗り移ろうとした
その一瞬の神秘的な美しさを図案化したことから始まっています。
蘇鉄やハブの模様は、
点のように細かく染め上げられた糸を繋げて柄となっています。
 

 
全て絹糸で織られる「大島紬」は、
何百という複雑な工程を経て、完成します。
その工程は分業作業となっていて、
それぞれの工程をその専門の職人さん達が担います。
 
まず、白く染めを残す部分を木綿糸で締め込み、
それを布状にします。
はじめ商事」の伝統工芸士・元 允謙(はじめ ただあき)さんは
8代続く大島紬の織元です。
 
「絣締め」(かすりじめ)という工程を見せてくれました。
「締機」(しめばた)という織り機で、
白く染め残す部分を木綿糸で締め込み布状にします。
しっかり締まってないと色がかぶってしまうため、
強く打ち込まなくてはいけません。
こうして精緻な柄を出す準備を経て、次は「染め」の作業へ移ります。
 
  • 住所:〒894-0062
       鹿児島県奄美市名瀬有屋町30−1 
  • 電話:0997-52-1741
 
 

大島紬「泥染め」
(伝統工芸士・肥後英機さん、純一さん)


www.youtube.com

 
 
肥後染色(ひごせんしょく)の伝統工芸士・
肥後英機(ひご ひでき)さんと弟の肥後純一(ひご じゅんいち)さんに
「泥染め」(どろぞめ)の工程を見せていただきました。
 

 
ところで、大島紬の醍醐味「泥染め」の工程の前には、
もうひとつ大切な工程があります。「染め」の工程です。
材料は、島に自生する樹齢10年以上の「テーチ木」。
(和名では「車輪梅」(しゃりんばい)と呼ばれています)
 

 
そのテーチ木から抽出した染料で染めるのですが、
テーチ木には「タンニン」が含まれていて、
その「タンニン」の量で染め具合が決まります。
奄美に自生するテーチ木にはタンニンが多く含まれていますが、
それは雨風に晒され、厳しい環境で育ったためだそうです。
 
そのテーチ木を細かく砕き、
2日間煮出し、1週間寝かせて発酵させた抽出液に布をつけます。
染まり具合を確認しながら、何回も繰り返し揉み込むことで、
鮮やかな赤土色に染まりました。
 

 
そしていよいよ切り立った山裾に位置する
「泥田」(どろた)へ向かい、「泥染め」をします。
 
肥後さんが50年来通うこの泥田は鉄分が豊富です。
泥の中に含まれる鉄分がテーチ木のタンニンと反応し、
黒く変化していきます。
「鉄媒染」と呼ばれる染色方法で、
テーチ木と泥田に染める工程を何度も繰り返し、
最後に川で泥を洗い流して染色の完了。
艶のある黒を追い求め、漆黒の黒が現れました。
自然と人とが織りなす偶然の賜物の、それが「大島紬」です。
 

 
  • 住所:〒894-0107
       鹿児島県大島郡龍郷町 戸口2176 
  • 電話:0997-62-2679
 
 

美の壺3.自然が宿る糸の輝き

 
長野県安曇野の北アルプスの麓には、
「絹のダイヤモンド」と呼ばれる紬があります。
「天蚕」(てんさん)、 別名・山繭(やままゆ)からとれる希少な糸で、
天然の萌黄色と光沢が特徴です。
日本在来種の天蚕はクヌギの葉を食べ、緑の繭を作ります。
 

 
 

「絹のダイヤモンド」
(安曇野市天蚕振興会・会長・田口忠志さん)


www.youtube.com

 
 
北アルプス有明山の麓のクヌギ林で
「天蚕」は地域の人達に守られています。
 
江戸時代、農家の人々は
保湿性と輝きを併せ持っている「天蚕」を育て、
糸をとり機織りを始め、明治30年代に最盛を迎えます。
ところがそんな矢先、
広大な山林が陸軍の演習地として開墾されたことにより、
天蚕は姿を消してしまいました。
 
安曇野で生まれ育った
安曇野市天蚕振興会」(あづみのし てんさんしんこうかい)会長の
田口忠志さんにとって、クヌギ林は遊び場でした。
子供の目にも、
ヤマコ(山繭)は緑で綺麗な虫だなあと思っていたとおっしゃいます。
 
戦後、僅かに残ったクヌギを育てることから始まった
「天蚕」の糸作り。
今、田口さん達は、
昔ながらの方法で「天蚕」の糸を紡いでいます。
「天蚕」は誰かが世話をしないと消えていく運命。
そして、クヌギと共存していかないと「天蚕」も生きられないと、
穂高天蚕の保護と後継者の育成にも努めています。
 
安曇野市の天蚕センターでは、
天蚕飼育の様子や糸繰・機織り作業を見学することが出来ます。
入場料は無料です。
 
  • 住所:〒399-8301
       長野県安曇野市穂高有明3618−24 
  • 電話:0263-83-3835
 
 

「風土が生んだ煌めき」
(伝統工芸士・武井豊子さん)


www.youtube.com

 
武井豊子 (たけいとよこ)さんは、
松本で45年間、地元の草木で染めた糸で「松本紬」を織っています。
天蚕が持つ天然の色と輝きを、
経糸をすくいながら絵を描くように織り上げていきます。
早朝の藍や茜色に染まる空に差し上昇る、
一筋の朝日を天蚕の糸で表現し、
ヨモギなど草木染めの糸で織った紬には、
天蚕の糸が生かされています。
 
「素材の絹にしても自然の恵みをいただいて織っている。
 自分が持っていた以上の美しさが出たり不思議な力がある」と
武井さんはおっしゃっていました。
 
 

f:id:linderabella:20210513110059j:plain