MENU

美の壺「たおやかに咲く藤」 <File 556>

<番組紹介>
700年の時を刻む、春日大社の圧巻の藤!
衣・かんざし・文化財なども藤づくし!
 
 ▽栃木にある600畳もの大藤。
  前代未聞の移植プロジェクトとは?!
 ▽広重らも描いた藤の名所・亀戸天神社。
  その藤を職人が切子で表現!
 ▽気鋭の染色家による「藤染め」。
  フレッシュな若葉が生み出す極上の色!
 ▽長年“幻の布”とされてきた「藤布」。
  職人が30年かけて習得した技とは?
 ▽草刈正雄邸には“藤娘”?!
<初回放送日: 令和4(2022)年5月13日>
 
 
 

美の壺1.時をまとい華やぐ

 

藤の花を散りばめて(奈良県・春日大社)

 
藤は、日本固有のマメ科の植物で垂れ下がって花を咲かせます。
奈良県にある「春日大社」の社紋は「下り藤」です。
境内随所には古くから藤が自生していて、
境内の萬葉植物園内にある『藤の園』には
20品種、約200本の藤が植栽されており、
たいへん豪華に開花します。
平安貴族 「藤原氏」ゆかりの藤ということもあり、
狩衣に浮かび上がる「藤巴紋」、巫女さんの衣は「藤棚紋」など
次第に定紋化されました。
 
御巫の簪(かんざし)、また「春日若宮おん祭」の「日使」の冠にも
藤の造花が見られます。
とりわけ御本社の「砂ずりの藤」は、名木として知られています。
五摂家(近衛・九条・二条・一条・鷹司)筆頭の近衛家の献木と伝えられ、
『春日権現験記』にも書かれている古い藤であり、
樹齢700年以上と言われます。
 

 
春日大社の宝物にも藤にまつわるものがあります。
「藤花松喰鶴円鏡」(ふじはなまつくいづるかがみ)は、
藤原氏が奉納した、鏡の中に藤の花があしらわれている胴鏡です。
 
春日大社国宝殿の学芸員・渡邊亜祐香さんは、
「神様に奉納した鏡はたくさんありますが、
 藤の意匠が組み込まれているのは、春日大社ならではものなのです。」と
おっしゃいます。
 
絵巻物『春日本・春日権現験記』にも、様々な場面で藤が登場しています。
藤は藤原氏の繁栄の象徴でした。
 
  • 住所:〒630-8212
       奈良県奈良市春日野町160
  • 電話:0742-22-7788
 
 
 

あしかがフラワーパーク物語(樹医・塚本 こなみさん)


www.youtube.com

 
 
栃木県足利市にある「あしかがフラワーパーク」。
シンボルは「大藤」です。
 
あしかがフラワーパーク」は、昭和43(1968)年に、
栃木県足利市堀込町(現・朝倉町)に「早川農園」 として開園しました。
以来 「250畳の大藤」として愛されてきましたが、
都市開発の為、
平成9(1997)年に現在の足利市迫間町(はさまちょう)に移設し、
あしかがフラワーパーク」 としてオープンしました。
 
当時、樹齢130年の「大藤」の移植は前例がなく、
不可能だと思われていました。
そこで、日本の女性樹木医第一号である樹医の塚本こなみさんのもとに
大藤の移植の話が持ち上がりました。
立派な幹で生命感を感じさせる藤だったそうです。
 
元々湿地帯だった場所に移設するため、
園内には250tを超える量の炭を敷き詰めて土壌を浄化、活力を高め、
全ての生命体の活性化を図りました。
また、移動の際に幹に傷が入ると腐食に繋がってため、
塚本さんは幹を石膏で固定して移動しました。
こうした常識を超えた移植プロジェクトは全国から注目を集め、
日本で初めての成功例となりました。
 

 
現在では、1000㎡・600畳にまで広がり、
8万房ものの花をつけるようになりました。
 

 
大藤 4本(野田九尺藤3本、八重黒龍藤1本)と
80mに及ぶ白藤のトンネルは
「栃木県天然記念物」に指定されており、
これらが見頃を迎える
毎年4月中旬から5月中旬の1ヵ月間は
「ふじのはな物語~大藤まつり~」が開催されて
います。
 
また10月下旬より開催される
イルミネーション「光の花の庭」は
夜景コンベンションビューローが認定する
「日本三大イルミネーション」に選ばれている他、
全国の夜景観光士が選ぶ
「全国イルミネーションランキング」の
「イルミネーション部門」で
平成28(2016)年から令和3(2021)年まで
6年連続で全国1位を獲得しています。
 

 
あしかがフラワーパーク」で藤を担当する村岡伸朗さんは、
邪魔になる枝を取って手入れをしています。
樹医の塚本さんは、
治療とは手当のことで、手を当てることで何が出来るかを考えるそうです。
 
  • 住所:〒329-4216
       栃木県足利市迫間町607
  • 電話:0284-91-4939
 
 
 

美の壺2.暮らしの中に咲く

 

藤をガラスに刻んで
(目黒硝子美術工芸社の二代目・目黒祐樹さん)

 
東京・江東区の「亀戸天神社」は、江戸時代より藤の名所でした。
4月の下旬から、境内に50株以上ある藤の花が一斉に咲き始め、
毎年「学業講祭・藤まつり」が開催されています。
 
藤と太鼓橋をモチーフとした浮世絵が、
多くの浮世絵絵師によって描かれていて、
特に歌川広重の『名所江戸百景』の亀戸天神社の境内が有名です。
 

 
  • 住所:〒136-0071
       東京都江東区亀戸3-6-1
 
 
亀戸はまた「切子職人の町」としても知られています。
亀戸天神社の藤を子供の頃から見てきた
「目黒硝子美術工芸社」の二代目・目黒祐樹(めぐろひろき)さん。
お母様と奥様の家族3人体制で、
都内でも数少ない「花切子」を専業とする工房を続けています。
家族で力を合わせて作られる「花切子」は
簡単に量産出来るものではありませんが、
その唯一無二の仕事ぶりに惚れ込んだ顧客からの注文は後を絶ちません。
 
「花切子」とは、江戸切子の手法のひとつです。
「花柄の切子」ではありません。
一般の江戸切子のように、
モチーフをパターン化してカットしていくのとは違い、
「花切子」は小さな砥石を筆のように操り、
ガラス面をキャンバスのように使って
独自の世界を描いたものです。
浅いカットと深いカットの組み合わせだけで、
輪郭や陰影、遠近感までを表現しています。
そのための道具は数えきれないくらいあり、
専門的な技術や道具を要するため、
「花切子」を生業とする職人は年々減少しています。
 
目黒さんが藤を切子で表現しました。
金剛砂と呼ばれる研磨剤をつけたダイヤモンドホイールで削っていきます。
模様や彫る深さによって、使うホイールは様々。
蔓は粗目に、葉は抑えながら削っていきます。
花びらの形は立体的になるように、まさに職人技です。
色も藤色の被せガラスにしました。
見る目にも鮮やかな亀戸天神社の「藤花切子」が出来上がりました。
 
目黒硝子美術工芸社
  • 住所:〒136-0074
       東京都江東区東砂1-3-9
  • 電話:03-3640-8681
 
 
 

藤の若葉を染めて(染色家・星名 康弘さん)

 
新潟市の越前浜で染色工房「植物染め 浜五」を構える星名康弘さんは
何と建築コンサルタントの職歴を持つ異色の染色家です。
植物の持つ色に魅せられ、様々な自然素材での染めに挑戦しています。
 
どんな草や木にもそれぞれの色が潜んでいることが興味深いそうで、
地元の新潟県立植物園と協力をして91種類にも及ぶ草木の見本を作っています。
 

botanical.greenery-niigata.or.jp

 
そんな星名さんが心待ちにしている植物が「藤」。
藤の若葉は、1年に1度出会う鮮やかな色だそうです。
フレッシュな若葉を摘み、藤の若葉を染めます。
染める生地は地元の絹織物です。
染液を作り、媒染液に浸けると鮮やかなレモン色が姿を現しました。
 
  • 住所:〒953-0012
       新潟県新潟市西蒲区越前浜5408-1
  • 電話:080-3191-1256
 
 
 

美の壺3.古の思いを織り上げて

 

藤布伝承の町(井之本 泰さん)

 
京都府宮津市にある「京都府立丹後郷土資料館」には、
藤の蔓から糸を取り、織り上げた「藤布」(ふじふ)が展示されています。
 
古くは縄文時代から存在したとされる「藤布」(ふじふ)は、
藤の蔓から作る日本最古の原始布と言われています。
春に美しい花をつける藤の強い生命力は人々の憧れでもあり、
その繊維を織物として身につける事は縁起が良いともされたそうです。
 
全国で盛んに織られていましたが、綿花の普及に伴って次第に途絶え、
今では丹後地方でしか継承されていません。
京都府の「無形民俗文化財」や「伝統工芸品」に指定されています。
 

 
丹後半島の中心付近に位置する山あいの小さな里で、
宮津湾を望むことが出来る「上世屋・松尾の棚田」は、
「つなぐ棚田遺産 ~ふるさとの誇りを未来へ~」に選定されています。
 
つなぐ棚田遺産」(主催:農林水産省)
棚田地域の振興に関する取組を積極的に評価し、
棚田地域の活性化や棚田が持つ多くの役割に対する
より一層の理解と協力を得ることを目的として、
優良な棚田を認定する取組で、
令和4(2022)年2月14日に全国271地区の棚田が
選定されました。
 
 


www.youtube.com

 
そんな上世屋地区で「藤織り」が受け継がれてきました。
標高が高く綿が取れなかったため「藤布」が織られたと言われています。
一時期は京都・西陣などから注文を受けて
帯や座布団、暖簾といった品々を作っていましたが、
織り手はだんだんと減り、他の地域と同じく、
途絶えてしまう寸前となりました。
しかし昭和の中頃、
民俗資料調査によって世屋の藤織りが再び脚光を浴び、
伝承の動きが始まります。
平成元(1989)年には「丹後藤織り保存会」を発足。
平成22(2010)年には世屋の高台にある旧世屋上分校を
「藤織り伝承交流館」として再生し、
丹後藤織り保存会」の活動拠点としています。
 
「藤織り」は女性が織る織物で、大変な手間を掛けて作られてきました。
村の女性達は「藤織り」専門の職人ではありません。
なぜなら藤織りは、大雪で農作業ができない冬の間に行われる、
いわば副業のようなものだったからです。
 
上世屋の女性達は、
雪が溶ける頃に山をかき分けたくさんの藤を取り、
木槌で叩いて芯と皮を引き剥がす「藤剥ぎ」を行います。
蔓は3層からなっていて、
藤織りに使うのは「アラソ」と呼ばれる芯と表皮との間の部分です。
手作業で蔓の厚い皮を剥いで繊維を取り出しいくのは、
骨の折れる作業です。
春から秋の間は農作業に勤しみ、
冬の足音が聞こえ始めたら藤の加工を再スタートします。
 
「丹後藤織り保存会」の井之本 泰(いのもと とおる)さんは、
「藤織り伝承交流館」で講習会や藤布の普及活動をしています。
 
ふるさとミュージアム丹後
(京都府立丹後郷土資料館)
  • 住所:〒629-2234
       京都府宮津市国分小字天王山
       611-1
  • 電話:0772-27-0230
 
 

藤布を織る(織元「遊絲舎」小石原 将夫さん)


www.youtube.com

 
 
京都府京丹後市の織元「遊絲舎(ゆうしんしゃ)さんは、
京都・丹後の地で100年以上に渡り、絹織物を製造してきた織元です。
 
 
四代目・小石原将夫さんが藤布に出会ったのは30年前。
不思議なふんわりとした風合いと光沢に目を奪われてしまったそうです。
 
小石原さんは上世屋の山奥に通い、「藤布」について学びました。
「藤布」は絹とは違った素朴さがあり、
木の繊維を織ることも「藤布」がきっかけで知ったそうです。
「藤布」は、織物の原点だと思ったそうです。
 
 
 
小石原将夫さんは、途絶えかけていた藤織りの技術を継承し、
藤蔓の伐り採りから、全ての工程を昔ながらの技法で
手間と時間をかけて行っています。
 
 
4月、息子の充保さんと共に藤の蔓を切りに訪れます。
蔓を切る時には30㎝残すのは、次の世代に伝えるため。
上世屋の人々に、赤みを帯びた縞のある藤「赤藤」を採るのが良いと
教わりました。
 

 
そして藤から採った糸を使って帯を制作します。
経糸に絹、緯糸に藤を合わせて、
生命感のある藤布をお守りのように紡いで織り込みます。
古代のロマンが現代に生き続ける、パワーみなぎる藤の織物です。
 

 
丹後の藤布 遊絲舎
  • 住所:〒629-3102
       京都府京丹後市網野町下岡610
  • 電話:0772-72-2677
 

f:id:linderabella:20210513110059j:plain