MENU

美の壺「もののあはれ・鈴」 <File 560>

<番組紹介>
「チリン」「シャリン」「ガラン」♪
鈴の音色は実に多彩。
北斎も描いた馬鈴に
音楽学の専門家が日本人の感性を読み解く。
巫女が用いる神楽鈴製作の舞台裏へ。
音の秘密は鈴の中に。
1600年前、鈴鏡が奈良の古墳群から発掘!
その音色とは?
国学者の本居宣長が鈴に託した思いとは。
ジャズドラマーで作曲家の平井景さんが
鈴をドラムと即興演奏!
奈良、天河神社に神代の頃より伝わる御神宝の鈴、
テレビ初公開! 
<初回放送日: 令和4(2022)年年7月1日(金)>
 
 
 

美の壺1.いつの時代も寄り添うお供

ハレの日の鈴(「京都おはりばこ」北井 香里さん)

 
京都紫野、大徳寺の門前にある「京都おはりばこ」は、
戦後、糸問屋から始まった和装小物店です。
つまみ細工の「北井」としても有名です。
 
店内には、職人の手作りの桜や梅、菊など、
四季折々のつまみ細工の「かんざし」で溢れています。
おかみの北井香里さんが店内の「かんざし」を披露して下さいました。
藤の花の簪には、花びらの先に雫のような鈴がついていて
動く度にかわいい音が鳴ります。
 

 
簪は、成人式や結婚式などの節目に必須の小物です。
着飾るだけでなく、特別の日の小物です。
今まで育った恩や、
「これからも幸せに・・・」と願う
縁起の小物としての役割もあります。
 
  • 住所:〒603-8215
       京都府京都市
       北区紫野下門前町25 
  • 電話:075-495-0119
  • オンラインショップ
 
 
成長を祝う土山久美さんと、娘の花歩さん母子の姿がありました。
花歩さんは7歳。
 

 
髪には簪を挿して、足にはぽっくり下駄を履いています。
ぽっくり下駄の楕円形の木製台の底はくり抜かれていて、
鼻緒を通して台の内部に小さな鈴が下げられています。
花歩さんが歩く度に鈴の音が鳴り、場は清められています。
鈴には、厄払いの意味もあります。
花歩さんのますますの成長をお祈りします。
 

 
  • 住所:〒603-8243
       京都府京都市北区紫野今宮町21
 
 

鈴の音色(上越教育大学名誉教授・茂手木潔子さん)

 
日本の伝統音楽の研究家で、上越教育大学名誉教授の
茂手木潔子(もてぎ きよこ)さんは、
日本各地に足を運び、多種多様の鈴を集め、
そのコレクションの数は100余りにも及びます。
 
コレクションの中で最も多い種類は、
馬につけられていた「馬鈴」(ばれい)と呼ばれる鈴です。
江戸時代、葛飾北斎も多く描いています。
 
茂手木さんが新潟の古道具で見つけた鈴を拝見しました。
大きな鈴です。
その大きな鈴の中には、10個近くの鈴が入っているそうです。
茂手木さんによると、
鈴が入っているのは、中に神様がいらっしゃるからだそうです。
 
 
 

美の壺2.神を呼ぶ響き

神楽鈴の匠たち(錺金具職人・森本安之助さん・大井健志さん)


www.youtube.com

 
 
奈良県にある春日大社
巫女が神楽舞を舞う時に手に持って鳴らす
小さな鈴が山なりになった「神楽鈴」には、
鈴の清らかな音色で神様をお招きし、その場を清める役割があります。
 
この「神楽鈴」には、寺社の建造物の装飾や補強、飾金具に施される
「錺金具」(かざりかなぐ)とという技術が活かされて作られています。

 
森本錺金具製作所は、明治10(1877)年の創業以来、
宮内庁・文化庁・神社庁・重要文化財保護課御用達として
錺金具を制作してきました。
4代目で、錺金具師(かざりかなぐし)の森本安之助さんは、
注文主は人だけど、神様仏様へお納めするものなので
どこかで見ていらっしゃるという思いで作っているそうです。
 
 
 
大井健志さんはこの道18年の神楽鈴の匠です。
鈴の丸みを損なわない程度に均等に打ちます。
叩くことで、金属は強くなり清らかな音色になります。
なかなか見られない鈴の中身は鉄を使います。
丸過ぎても角過ぎてもダメなのだそうです。
大井さんは、先輩方から受け継いだ伝統の音を守っています。
 
 

古代の鈴

粘土を焼いて作られた土の鈴「土鈴」(どれい)
日本の鈴の歴史を遡ると、縄文時代の土鈴に行き着きます。
山梨県にある縄文中期の「釈迦堂遺跡」からは、
小さな土鈴が出土されています。
 
 
 
縄文時代の「土鈴」は、現代の「土鈴」のように口が開いておらず、
密閉された土球の内部には2~5個の土玉が入っていて、
手で振って音を鳴らしていたようで、
祭祀に使われていたと考えられています。
古代の日本人は、
神霊に呼びかける鈴の音色を「さやさや」と表現しました。
柔らかく、どこか涼しげな手打ちの鈴の音は、
祈りの場に相応しい清浄さがあります。
 
 
奈良県の「新沢千塚古墳群(にいざわせんづかこふんぐん)は、
今から1600年程前の4世紀の終わり頃から造られ始めた
総数約600基からなる、日本を代表する群集墳(ぐんしゅうふん)です。
 
この「新沢千塚」では、
5つの鈴のついた鏡「五鈴鏡」(ごれいきょう)が出土しています。
「鈴鏡」(れいきょう)とは、
古墳時代後期(5~6世紀)に製造・使用された銅鏡の一種です。
鏡は手のひら大の大きさで、
鏡本体の周縁には鈴が5つ付設してある、日本列島製の鏡です。
鈴の中には小石などの玉が入っており、振ると音が鳴ります。
 
 
1600年前の「土鈴」の音色が紹介されました。
まるで虫が、鳴いているような音色です。
神様との対話に使われていたそうです。
 
また、同時代の巫女の埴輪には、
腰の周りに鈴鏡をつけているものがあり、
神舞など神事の所作に音響効果を添える効果がありました。
 
 

本居宣長の愛した鈴「柱掛鈴」

  

 
三重県松阪市には、
『古事記伝』で有名な江戸時代の国学者の本居宣長が
12歳から72歳で亡くなるまで60年間暮らした
旧宅「鈴屋」(国指定特別史跡)があります。
 
 
本居宣長は木綿商の家に生まれましたが、
医者となって昼間は医師として働き、
夜は研究に明け暮れ、
ことばや『源氏物語』などの日本古典を講義し、
また現存する日本最古の歴史書『古事記』を研究し、
35年をかけて『古事記伝』44巻を執筆しました。
 
宣長は「鈴」をこよなく愛し、
鉄製の鈴や茄子の型をかたどった古鈴などを愛用していたそうです。
 

 
そんな本居宣長が特に大切にしていたのは、
息子に作らせた「柱掛鈴」(はしらかけすず)です。
 
「柱掛鈴」(はしらかけすず)は、
真鍮製渡金の鈴、大2個小4個一組を糸で縛ったものを6つ作り、
それを赤い紐で繋いで柱などに掛けたもので、
垂らした紐の端を引いて36個の鈴を振り鳴らす仕組みでした。
この鈴の存在で、書斎を「鈴屋」と名付けただけでなく、
宣長の号にもなったのです。
 
宣長は、勉学の合間には書斎の柱に掛けた鈴を振り、
その音色に一時の疲れを瘉しては
再び学問に励むのが習いであったと言います。
 
「鈴屋とは、三十六の小鈴を赤き緒にぬきたれて、
 はしらなどにかけおきて、物むつかしきをりをり引ならして、
 それが音をきけば、ここちもすがすがしくおもほゆ」 と
記しています。
 
この三十六鈴の柱掛鈴の実物は残っていませんが、
本居宣長記念館」には、
宣長の長子・春庭(はるにわ)が作ったとされる
レプリカが保存されています。
 
本居宣長記念館」には他にも、
自筆稿本や自愛の品約16000点が収蔵されています。
 
 
  • 住所:〒515-0073
       三重県松阪市殿町1536-7
  • 電話:0598-21-0312
 
 
 

美の壺3.自然ととけ合う

鈴とのコラボレーション(ジャズドラマーで作曲家の平井景さん)

 
ジャズドラマーの平井景(ひらいけい)さんは、
テレビCMの他、NHK「テレビで外国語」、NHKラジオの語学番組、
内閣府ビデオのテーマ曲も手掛けるなど、
作曲活動も積極的に展開されています。
 
平井さんが作曲した曲「changing~チェインジング~」では、
世界各地の鈴が作品作りに活かされています。
 
番組では、曲の中に「鈴」が入っているものと、
入っていないものとを比較して聴いていました。
「鈴」が入っていることで深みを感じます。
 
平井さんにとって「鈴」とは、心地良い「違和感」だそうです。
「違和感」と表現したものは、
移りゆく時間や希望、願いといった心の叫びのようなものだそうです。
 
そんな平井さんが、鈴の音色に触発された場所があります。
奈良天川村にある天河神社です。
拝殿のすぐ隣に能舞台があります。
神や自然の接点に「鈴」があるように、
平井さんには感じられるそうです。
 
 
 

音の神様(宮司の柿坂匡孝さん)

 
柿坂家は、大峯本宮天河大辨財天社を代々継承した社家です。
柿坂匡孝さんで66代目になります。
 
天河神社の拝殿には、
古来より伝わる独自の御神宝の「五十鈴」があります。
五十鈴(いすず)は、
天照大御神が天岩屋戸に籠られた時、
天宇受売命(あめのうずめのみこと)が、
「ちまきの矛」(神代鈴をつけた矛)を持って、
岩屋戸の前にて舞を舞われ、
神の御神力と御稜威をこい願われたことによって、
岩屋戸が開かれ、天地とともに明るく照り輝いたという伝承に登場する、
天宇受売命が使用した「神代鈴」と同様のものであると伝えられています。
 
なぜ「五十鈴」と呼ばれるかというと、
天河神社には、50の神様がいらっしゃるからだそうです。
五十音の「ア」から「ワ・ヲ・ン」までは50の音があって、
それぞれに神様がいらっしゃるからなのです。
すなわち、日常の生活の言葉の中の神様が「言霊」なのです。
五十鈴」からなる言葉と鈴の音を重ね、
八百万の神が宿ると信じられていました。
 
その御神宝「五十鈴」が今回初めてTV公開されました。
鈴をかたどった御神宝の表面には、渦のような溝が描かれています。
辨財天は、水の神様です。
水が流れて清められるように、災いを払う鈴の音は、
古より日本人の心に宿る音色です。
 
 
  • 住所:〒638-0321
       奈良県吉野郡天川村坪内107
  • 電話:0747-63-0334

f:id:linderabella:20210513110059j:plain