MENU

美の壺「涼をまとう浴衣」 <File544>

「浴衣は体の一部」と言う歌舞伎俳優・片岡愛之助さん。
こだわりの浴衣から帯の流儀まで、浴衣愛を語る!
 
 ▽涼しく過ごす工夫が詰まった浴衣生地。
  絹を使った極上の浴衣とは?!
 ▽表と裏で同じ柄になる「注染(ちゅうせん)」の技。
  見た目にも涼しい柄の工夫とは?
 ▽人気着物スタイリスト・石田節子さんオススメの
  着こなし紹介!
 ▽ドクロにギターに血管柄…
  独創的な浴衣デザイナーが生み出す、最新浴衣!
 
 

美の壺1.日本の夏に寄り添う

 

木綿の浴衣生地
(今小路あま宮・小宮たつみ さん)

 

京都市上京区、北野天満宮にほど近い京町家の和サロン、
呉服店「今小路 あま宮」(いまこうじ あまみや)は、
着物雑誌にも度々登場する
着物初心者にも熟練者にも人気のお店です。
 
店主の小宮たつみ(こみや たつみ)さんは、
夏の3ヶ月間は、
接客・外出・自宅での生活の全てを浴衣で過ごします。
京都の夏は非常に暑いのですが、
浴衣を着ると、ちょっとした風が吹いただけでも涼しく感じるそうです。
 
ささやかな風を感じることが出来るのは浴衣ならでは。
今回、小宮さんが着用していた浴衣は松原興七さん作のもの。
帯は九寸名古屋の間道柄です。
 
松原與七
「長板中形」の重要無形文化財保持者
(人間国宝)松原定吉の十男として
昭和12(1937)年に江戸川区西小松川(現江戸川区松島)に
生まれました。
中学校卒業と同時に家業に入り、「中形染め」を始めました。
 
 
浴衣の生地の多くは木綿で出来ています。
木綿といっても様々な生地があります。
 
「綿コーマ」(めんこーま)は
糸を紡ぐ際にコーミングを行ったコーマ糸を使って織られています。
毛羽立ちが少なくつるっとした肌触り。

 
「綿絽」(めんろ)は
生地に隙間を作る絡み織りの技法で織られています。
風通しが良く、見た目にも着心地にも涼しい生地です。
 

 
 
「絞り」(しぼり)は
表面に凹凸があり、
肌に密着しないふんわりとした肌触りの生地です。

 
 
寝巻きでもあり、バスローブでもあり、
部屋着でもあり、外着にもなる浴衣は、
洋服で例えるならTシャツのような服。
 
小宮たつみ(こみや たつみ)さんは、
様々な場面でTシャツを着替えるように、
浴衣も着替える生活を送っていらっしゃいました。
 
  • 住所:〒602-8387
       京都府京都市上京区東今小路町783−3   
  • 電話:075-465-1177
 
 

新潟県長岡市栃尾の紅梅織
(草木染織工房「露石庵」)

 
紬織などの産地として栄えてきた新潟県長岡市栃尾。
草木染織工房「露石庵」(ろせきあん)は、
かざぜん株式会社が運営する紬織物の工房です。
 
「絹紅梅」(きぬこうばい)は、
栃尾で戦前より織られている夏の着物素材で、
かざぜん株式会社所有の登録商標です。
 
「絹紅梅」は、極細の絹糸地に、
太い糸(勾配糸)に綿糸や麻糸を格子状に織っています。
細糸と太糸で織られているため生地の表面に凹凸が出来、
肌に密着しないさらっとした風合いになります。
 
本来は「勾配織り」ですが「勾配」ではあまりにも味気がない・・・。
そこで「勾配」を「紅梅」とあて字をして「絹紅梅」としたそうです。
 
因みに、愛知県の地方で織られている地糸が「綿」のものは
「綿紅梅」と呼ばれ、「絹紅梅」と区別されています。
 
 
絹を使った「紅梅織」は夏着物に使われてきましたが、
最近では浴衣の生地としても使われるようになりました。
「紅梅織」の一番の特徴はなんといってもその透け感。
軽くて滑らかな肌触り「絹紅梅」は、
涼しくて軽い、夏に最適な高級浴衣生地です。
 
  • 住所:〒940-0216
       新潟県長岡市栃尾新町1-6
  • 電話:0258-52-1181
 
 

美の壺2.伝統の夏をまとう

 

楽屋着・稽古着の浴衣
(歌舞伎俳優・片岡愛之助さん)

 

 
歌舞伎俳優の片岡愛之助(かたおか あいのすけ)さんにとって
浴衣はなくてはならない大切な存在。
楽屋で洋服でいる方が落ち着かない、
浴衣はもはや体の一部と言っても過言ではないと言うほどです。
 
歌舞伎俳優さんたちは楽屋に入るとまず浴衣に着替えます。
夏は浴衣そのまま、冬は白粉がつかないように
普通の着物の中に浴衣を着る、
「袷」(あわせ)という着方をするそうです。
 
歌舞伎公演の楽屋着としてはもちろんのこと、
稽古の時にも浴衣は欠かせません。
袂を使った踊りの振りがあるため、袂は長めに作っているのだとか。
稽古着が古くなれば、普段着の楽屋着に下ろすことが多いとのこと。
 
生地は、こだわりの「松葉」と「銀杏」の柄の特注です。
片岡家の屋号は松嶋屋であることに因み、
「松葉」と、
家紋の「追いかけ五枚銀杏」(おいかけごまいいちょう)に因んで
「銀杏」が散らしてあります。
 
歌舞伎俳優さん一人一人が
違った柄の浴衣生地をオーダーされているそうです。
帯の締め方も関西と関東とで違っています。
片岡家は上方舞の家であることから、
「関西手」(かんさいで)という、
時計回りで巻き、羽根が左に出る締め方です。
 
 
 

浴衣のはじまり

 

 
浴衣の始まりは「湯帷子」(ゆかたびら)と言われ、
平安時代に入浴時に着られていた着衣でした。
当時、入浴とは言っても現在のように湯に浸かるのではなく、
蒸気を浴びる蒸し風呂で、複数の人と入浴することとなり、
汗取りとやけど防止、裸を隠す目的で使用されたものとされています。
 
安土桃山時代頃から、
湯上がりに着て肌の水分を吸い取らせる目的で広く用いられるようになり、
これが江戸時代になり町人文化の発展に伴って、
「浴衣」(ゆかた)に進化してきました。
 
「浴衣」(ゆかた)は、
初めは湯上がりの汗を拭き取るために風呂屋の二階などで着ていたものが、
次第にそのまま着て外に出られるようになりました。
そして下着から外出着へとその用途を変えていきました。
江戸時代では、盆踊りや花見などに揃いの浴衣で出かけることが流行し、
華やかな文禄が生まれました。
また歌舞伎役者が舞台で着た衣裳を庶民が真似るなどしたことで、
浴衣文化が江戸に花開きました。
 
また、天保の改革で、
町人は「絹」を着てはならないという掟が出されたため、
「木綿」の浴衣が発達しました。
 
 

陶芸家・村田森さん
(日本橋 老舗呉服店「竺仙」・小川文男さん)

 

 
江戸時代より多くの着物や浴衣を手掛ける
老舗呉服店「竺仙」(ちくせん)さん。
何万通りの浴衣の柄を作っています。
 

 
浴衣の柄は、
身にまとって涼しさを演出することもありますが
周囲に涼しさを感じ取ってもらうことが江戸の粋だと
店主の小川さんは言います。
例えば、
秋を連想させる銀杏や紅葉といった季節を先取りする柄、
色使いも紺や白を基調に、派手さを求めず淡く仕上げています。
 
  • 住所:〒103-0024
       東京都中央区日本橋小舟町2番3号
  • 電話:0120-558-529
 
 

伊勢保染工所

 
伝統的な染め方「注染」(ちゅうせん)を拝見しました。
 
「注染」(ちゅうせん)とは、
特殊な糊で防染し、重ね上げた生地の上から染料注ぎ、
模様部分を染め上げる伝統的な型染めの一種です。
「注染」は明治初年頃に始まったと思われます。
それ以前は、「長板中形」の工法で着物が作られていましたが、
高価で量産が出来ないため、
以前より安価で量産出来る「注染」という技法が考案されました。
 

 
まず、生地の染めない部分に型紙を置き、
色を染めない部分に糊で色止めをします。
糊は海藻・土・おがくずが配合されています。
乾燥後に染める部分に土手を作り、
その土手の内側に染料を注いで布を染めるため、
一度に多色を使って染めることが出来ます。
最後に糊を水洗いして、完成です。
 

 
「注染」は、
染料が布の下側に抜けるため、布の芯まで染まるので
裏表が同じ柄であるのが特徴です。
風に吹かれると同じ柄がチラッとのぞき、オシャレ感満載です。
普段使いにもオシャレを取り入れた江戸の美学がここにあります。
 
  • 住所:〒132-0031
       東京都江戸川区松島2丁目19−11
  • 電話:03-3651-3459
 
 

美の壺3.着て楽しく愛でて楽しく

 

着物スタイリスト・石田節子さん

 


www.youtube.com

 
着物雑誌の著作でもお馴染み、
着付け師、着物スタイリストの石田節子さんが登場します。
楽ちんで楽しくナチュラルな着付けが石田のモットー。
その石田さんが、
浴衣の着こなしについていくつかのポイントを教えてくれました。
 

 
襟元は開き過ぎるとだらしなく見えるので、詰め気味にします。
衣紋は、こぶし一つ分抜きます。
シュートヘアならもっと詰めてもいいかも知れません。
帯は半幅帯で結びます。
帯揚げ・帯締めも必要ありません。
 


www.youtube.com

 
結び方もいろいろ楽しめます。
帯を矢の文字のように結ぶ落ち着いた雰囲気の「やの字結び」、
帯を数回巻きつける「割角出し結び」に文庫型と、
一つの帯でいろんな結び方が出来て楽しむことが出来ます。
ルールがなく楽しめるのが浴衣だと浴衣の粋を伝授いただきました。
 
 

浴衣デザイナー・芝崎るみさん

 

 
東京・台東区の写真スタジオで行われている
新作浴衣の撮影におじゃましました。
浴衣デザイナーの芝﨑るみさんが登場します。
今、撮影している浴衣は、
綿の生地に「注染」の技法を使って
「観世音菩薩」がデザインされています。
 

 
芝﨑さんは、着物図案デザイン事務所に就職後、
独立して現ブランド「Rumi Rock - ルミロック」を
立ち上げました。
伝統的な技術にこだわりながら、
独創的な着物スタイルを提案しています。
 

f:id:linderabella:20210513110059j:plain