MENU

イッピン

イッピン「暮らしに寄り添うモダンな器~鳥取・焼き物~」

<番組紹介> 焼き物の生産が盛んな鳥取県。 民芸運動の拠点のひとつで、 現代の生活に合うモダンな器作りの伝統が作られた。 現代の職人たちも、丈夫で、使いやすく、彩り鮮やかな器作りに 取り組んでいる。 軽いが丈夫なティーポット、明るい緑色が印象的…

イッピン「工業技術が暮らしを彩る~静岡 金属加工製品~」

<番組紹介> 宇宙開発技術を駆使し、オーロラのように光り輝くグラス。 バネを利用した、モダンな花入れ。 静岡の工業地域から生まれた斬新な製品を、中山エミリがリサーチ! 光を受けると、オーロラのように光り輝く幻想的なグラス。 最先端の宇宙開発技術…

イッピン「強くて長持ち そのうえオシャレ〜岡山 倉敷の織物〜」

<番組紹介> 綿花栽培に始まった岡山県倉敷の織物。 厚手の木綿織物「帆布」や、 畳の縁を彩る「畳縁(たたみべり)」など、 丈夫で長持ちする布製品を生み出す、織物産地の底力に迫る。 瀬戸内海に面した岡山県・倉敷。 干拓地での綿花栽培から織物産業が…

イッピン「伝統の技でスタイリッシュに!~富山・高岡の金属製品~Ⅲ」

<番組紹介> 叩くと「チーン」と澄んだ音色が響きわたる。 実はこれ、仏壇に欠かせない「おりん」を現代風にアレンジしたもの。 日本有数の金属産業の町、富山県高岡市では今、 伝統の技法を組みあわせた斬新な製品が次々生まれている。 銅を青く深い味わい…

イッピン「変幻自在で心地よい~富山・高岡の金属製品~Ⅱ」

<番組紹介> 金属なのに、紙のように薄くて柔らかい錫製のプレート「すずがみ」が 大人気。 予約で2か月待ちのイッピンです。 手でふわっと簡単に曲げられ、 サラダを盛る器や花瓶、小物入れなど 思い通りの形にできるのが人気の秘密。 更に仏具の素材の一…

イッピン「世界も驚く!変幻自在の色とカタチ〜富山 高岡銅器〜Ⅰ」

<番組紹介> 今回は400年の歴史を持つ富山県の高岡銅器。 銅と言えば、銅像や仏具といったちょっと遠い存在… そんなイメージを覆す、 カラフルでスタイリッシュな製品が続々と誕生している。 独特のバラエティーに富んだ色合いと、 意外なものを使った着…

イッピン「名匠への道 父の背中を追って〜栃木の焼き物〜」

<番組紹介> 栃木の2つの焼き物を紹介する。 那珂川町小砂(こいさご)地区の「小砂焼」。 そして栃木市の「みかも焼」だ。 父がのこした伝統の灯を消すまいと奮闘する職人たちの姿に迫る。 小砂焼(こいさごやき)の代名詞といえば黄金色に輝く「金結晶」…

イッピン「彩り自由に みずみずしく!~栃木・益子焼~」

<番組紹介> 深い茶色に、白い唐草模様が浮き出たコーヒーカップ。 職人が一つ一つ土を絞って描いた素朴なカップは、栃木県の「益子焼」。 関東随一の産地では、伝統に縛られない自由な気風の中、 日々新たな器が誕生している。 ”幸せを呼ぶ青い鳥”がモチー…

イッピン「暮らしを彩る みちのくの器〜福島 会津本郷焼〜」

<番組紹介> 東北屈指の焼き物、会津本郷焼。 素朴な生活雑器で知られるが、近年はしゃれたカフェボウルや、 流れるような青が美しい湯飲みや皿を生み、人気を博している。 芦名星が探訪。 会津本郷焼は、400年の歴史を持つ、東北屈指の焼き物。 素朴で…

イッピン「土の新たな可能性を 〜茨城 笠間焼〜」

<番組紹介> 瓶やすり鉢など、耐久性が求められる焼き物を多く生んできた 笠間焼。 酸化鉄を多く含み、茶色に焼きあがる笠間の土の弱点と向き合い、 新しい可能性に挑む作家たちに迫る。 多種多様性ゆえに「特徴がないのが特徴」ともいわれる笠間焼。 笠間…

イッピン「華麗にして繊細~東京 ガラスの器~」

<番組紹介> 東京のガラス製品が面白い。 東京といえば、江戸切子が有名だが、従来の直線的な幾何学模様ではなく、 金魚やトラが曲線で彫りこまれたグラス。 また、一度廃れた技法を復活させ、 ガラスの表面に霜や雪の結晶のような複雑な模様を浮かび上がら…

イッピン「あったかオシャレに!多彩な縞の世界~福島 会津木綿~」

<番組紹介> 福島県会津地方で作られている「会津木綿」。 多彩なバリエーションのしま柄、 厚手の木綿の温かさが人気で、 織元の生産が追いつかないという。 今回のリサーチャーは、女優の白石美帆さん。 老舗の織元では、年代物の古い織機を使って 美しい…

イッピン「木をいかす 新たなカタチ~石川 木製品~」

<番組紹介> 1万本に1本、切り口から鮮やかな黒い模様が浮かび上がる 柿の木がある。 その板を薄くスライスして牛革と縫い合わせたバッグが、 女性の間で大人気だ。 厚さ0.14ミリという極薄なのに、曲げても引っ張っても破れない、 そのわけとは? またテー…

イッピン「庶民の器が華麗に変身!〜愛知瀬戸焼〜」

<番組紹介> 光にかざすと透けて美しく輝くカップや、 伝統の絵付け模様を大胆にアレンジした色鮮やかな器。 驚きの進化を遂げている「せともの」=瀬戸焼の魅力に、 吉木りさが迫る。 光にかざすと透けて美しく輝く、花びらを模したカップ。 モダンな印象…

イッピン「やきものは七変化!~愛知 瀬戸焼~」

<番組紹介> 1000年の歴史を誇る愛知の「瀬戸焼」。 いま、その瀬戸焼が驚くべき進化を遂げ、大活躍しています。 若者たちのオシャレスポット、 東京ミッドタウンには 瀬戸焼の食器専門店がオープン。 スタイリッシュな器が女性たちに人気を呼んでいま…

イッピン「多彩な器!活気あふれる陶芸の里~茨城・笠間焼~」

<番組紹介> 茨城県笠間市は活気あふれる焼き物の里。 200人以上の陶芸作家が競うように創作に打ち込んでいる。 いま女性に人気なのが、アラベスク風の模様のカップとソーサー。 模様の部分がぷっくりと盛り上がり、 器に温かみと上品さを加えている。 これ…

イッピン「しなやかに 涼やかに~鹿児島 薩摩錫器~」

<番組紹介> 重量感と銀色の美しいフォルムを持ち ”冷たい飲み物が美味しく飲める”と人気の金属製タンブラー。 鹿児島県で作られた薩摩錫(すず)器のイッピンだ。 錫の鉱山がある鹿児島では、 古くから様々な飲食器が作られてきた。 中でも、柔らかい錫を…

イッピン 「よみがえり さらに進化を~福岡 小石原焼」

<番組紹介> 3年前の九州北部豪雨で大きな被害を受けた福岡県の焼き物の里。 痛手を乗り越え復旧を果たしただけでなく、 さらに新たな試みの端緒をつかんだ、小石原焼の職人たちを描く。 3年前の九州北部豪雨。 福岡・大分を中心に大きな被害をもたらした…

イッピン 「素朴な模様の暮らしの器~福岡 小石原焼~」

<番組紹介> 今回のイッピンは、「小石原焼」。 福岡県の山間にある東峰村で作られる器は、 中心から外側に向かって細かく放射状に散る独特の模様が特徴 その素朴な美しさが今、注目を集めている。 模様を生み出すのは「飛びカンナ」というワザ。 ろくろで…

イッピン 「しなやかに涼やかに~岡山・いぐさ製品~」

<番組紹介> 岡山で作られるいぐさ製品。 100%いぐさのバッグは現代的なデザインで人気。 洋風の敷物、ラグの裏地にもいぐさが使われ、吸湿性に優れる。 職人たちの工夫と技に迫る。 もうすぐやってくる暑い夏を、少しでもさわやかに暮らしたい。 岡山…

イッピン「豪快!鮮やか!手染めの技〜高知 染物」

<番組紹介> 高知県で、子どもの健やかな成長を願い、掲げられる祝い旗 「フラフ」。 現代的にアレンジした壁掛けやフラフを再利用したバッグなど、 豪快で鮮やかな染め物の魅力に迫る。 端午の節句に掲げられる、巨大な祝い旗「フラフ」は、 高知の伝統工…

イッピン「歩きやすくて健康的!〜静岡 駿河の下駄(げた)〜」

静岡で生まれたハイヒールの下駄は、 カラフルな鼻緒でカジュアルな洋装にもピッタリ。 その上健康維持にも役立つという。 さらに伝統の張下駄作りには繊細な職人技が息づく。 下駄なのにハイヒール! 鼻緒もカラフルで、カジュアルな洋装にもピッタリ。 履…

イッピン「暮らしを彩るモダン柄~大阪・堺の手ぬぐい~」

<番組紹介> 普通、裏地は白いままだが、 裏も表と同じ柄が染め抜かれた手ぬぐい。 さらに表裏同じ柄なのに色が異なるもの。ともに大人気だ。 この手ぬぐいを生んだ大阪・堺を訪ねる。 普通、手ぬぐいは裏地が白いままだが、 表裏同じ柄がくっきりと染め抜…

イッピン「アイデアが止まらない!~千葉 ガラス製品~」

<番組紹介> 今、千葉で生まれたガラス製品が人気だ。 ガラスに泡を封じ込めた幻想的なグラスや、 海外で学んだ技法から生まれた神秘的な香水瓶。 50年ほど前からガラス工房が増えだした。 房総半島では、 若き職人たちが日々競うように独創的な色や形を追…

イッピン「未来への挑戦 房総から全国へ!新たな製品を~千葉 工芸品」

<番組紹介> 自身がデザインした器を自分の手で作るため腕を磨く、 ガラス工場の職人。 そして、房総半島の土で焼き物作りに挑む陶芸家。 千葉で奮闘を続ける2人の若手職人の情熱を迫う。 九十九里のガラス工場の若き女性職人は、 技術が伴わず、自身がデ…

イッピン 「軽やかに!ポップに!〜徳島 木製品〜」

<番組紹介> 「加工が難しい」と敬遠されがちな杉を 高度な技で削り出したカップや、 愛らしい見た目で人気の徳島伝統の弁当箱。 アイディアあふれる徳島の木製品をリサーチ。 知る人ぞ知る木製品の産地・徳島県から今、 斬新な木製品が誕生している。 グッ…

イッピン 「伝統に磨きをかけて〜福岡 上野焼(あがのやき)〜」

<番組紹介> 薄くて口当たりのよいカップや、 色鮮やかな絵皿、 懐石料理で使う小鉢を 洋食にも合うようにアレンジした器など。 茶の湯の器から進化を続ける 福岡・上野焼の魅力に迫る。 茶の湯に使われる器 「茶陶」作りで知られる福岡の上野焼。 その伝統…

イッピン「未来への挑戦 和紙を今の暮らしの中に〜埼玉 小川和紙〜」

<番組紹介> 1300年の伝統を持つ、埼玉の小川和紙。 和紙のバッグ、和紙の照明、そして和紙のインテリア。 今の暮らしの中で、和紙をもっと生かす試みに乗り出した人々を描く。 1300年の歴史を持つ埼玉の小川和紙。 しかし、暮らしが洋風化する中、…

イッピン「薫る伝統の和テイスト~香川 木製品~」

<番組紹介> 江戸時代より城下町として栄えた香川県高松市。 風土と歴史が育んだ木製品を紹介する。 和三盆を作る道具の菓子木型。 木に精密な彫りを施して、 立体感、そして使いやすさを追求している。 松ヤニを多く含む「肥松」と呼ばれる黒松を使い、 木…

イッピン「彩り豊かに 使いやすく~三重 萬古焼~」

<番組紹介> 蓋を工夫した炊飯用の土鍋。 液だれしにくいしょうゆ差し。 そして多彩に色づけされたビアマグ。 どれも、三重県四日市市の焼き物、萬古焼だ。 江戸時代から、使いやすく、暮らしに彩を添える器を生み出してきた。 明治以降は、海外への輸出も…