MENU

美の壺

美の壺「煙の魔法 燻製(くんせい)」<File 550>

ベーコンからプリンまで、 食材ごとに使うチップを使い分ける専門店のこだわり! ▽アウトドアコーディネーターによる、 キャンプで手軽にできる料理 ▽中国料理・脇屋友詞さんは、 茶葉を使って香り豊かなトロトロ豚肉! ▽海外VIPも絶賛! しょうゆやオリー…

美の壺「魂宿る 刀剣」<File 511>

2019年に発見された、明智光秀の愛刀「近景」。 光秀が刀に込めた思いとは? ▽世界が注目する刀鍛冶が作る、 極上の刀剣▽室町時代から続く、砥ぎ師の本阿弥家。 人間国宝が明かす「砥ぎの極意」 ▽居合の達人による、時代ごとの形と真剣の技 ▽平安時代に…

美の壺スペシャル「日本のお弁当」

江戸の女性が芝居見物で楽しんだ、幻の重箱弁当が200年ぶりに復活!? ▽京都の一流料理人が四季を詰め込んだ絶品弁当! ▽旅情かきたてる「駅弁」。かけ紙に秘められた意外な歴史! ▽山で働く人々を支えてきた手作り弁当箱“めんぱ” ▽鳥にシマウマに日本列島?……

美の壺「大地の母 山」<File 549>

日本人の心のふるさと「山」。 北アルプスの女王と呼ばれる、燕岳。 雲の上の楽園では日の出や星空など 移ろう時が天空の大スペクタルとして現れる。 南アルプス、地蔵ヶ岳の頂に屹立する巨岩、オベリスク。 縄文時代から人々は、この山に神を見出してきた。…

美の壺「伝統をまとう祇園の舞妓」<File 525>

舞妓の装いの舞台裏。紅を下唇だけにさす理由とは? ▽舞妓は地毛、芸妓(げいこ)はかつらの日本髪。 地毛で結う、日本髪伝統の技 ▽祇園の舞妓を指導し続ける人間国宝・井上八千代さん。 緊迫する稽古の現場に潜入! ▽舞妓最後の10日間。 この時期だけの髪…

美の壺「光と風の物語 窓 」<File 548>

「テーマはアリの生活」という造園家・齊藤太一さんの 巨大な窓には、50種類の植物による圧巻の光景! ▽吉村順三が軽井沢に設計した、自然を愛でる広い窓 ▽巨匠フランク・ロイド・ライトの美意識が詰まった、 さまざまな窓のデザイン ▽まるで宇宙船?!「…

美の壺「食す宝石 塩」 <File547>

魔法の調味料「塩」。 ▽食す宝石、1800種類をコレクションする 塩のスペシャリストが語るロマンと神秘 ▽国の重要無形民俗文化財、 奈良時代から受け継がれる石川県奥能登の製塩法、 先人の知恵が結集した匠の技 ▽世界に一つだけの驚きのオーダーメイド塩…

美の壺「15周年記念!“ジャズ”」 <File533>

熱烈なジャズファンの落語家・林家正蔵さんが語る、 ジャズの魅力とは?! ▽日本を代表するジャズピアニスト・山下洋輔さんによる 「即興」の極意 ▽時代を変えた「エレキギター」 ▽今大人気の ジェントル・フォレスト・ジャズ・バンドによる、 ジャズ名曲メ…

美の壺「日本の原風景 古民家」 <File546>

神奈川県葉山の古民家でスローライフを実践する家族に密着! ▽デービッド・アトキンソンさんが愛する、京町家の美意識 ▽静岡の古民家を400年支え続ける柱や梁(はり)には、 戦国時代の城造りの技 ▽福島県南会津に残る古民家群の、美観を守る工夫 ▽都会の…

美の壺スペシャル「日本の避暑地」

夏本番!「日本の避暑地」の魅力を大特集! ▽長野・上高地にある昭和8年開業のリゾートホテル。 雪深い春先から準備する”夏のもてなし”に密着! ▽奥日光・ベルギー大使館別荘から望む、雄大な絶景! ▽軽井沢で人気のエッグ・ベネディクトに、 伊豆高原の朝…

美の壺「不朽のデザイン 市松模様」 <File520>

スーツから靴下まで、市松模様を毎日身につける 狂言師・茂山逸平さん。 愛用歴20年の市松アイテム大公開! ▽縄文土器や埴輪にも! 写楽も描いた「市松」の名の由来の人物とは?! ▽漆黒市松のスタイリッシュな江戸切子に、 3500の四角がうごめく市松…

美の壺スペシャル 「日本のすし」

日本が世界に誇る食の芸術「すし」を大特集! ▽140年伝わる老舗の技に密着! 「江戸前ずし」の艶の秘密とは?! ▽京都の「さばずし」「箱ずし」には、極上の心づくしが! ▽金沢では、回転ずしが大盛況! 地元の魚をこよなく愛するすし職人のこだわりとは…

美の壺「夏の輝き 氷」 <File510>

目にも涼しく、食べてひんやりの「氷」を存分に味わう ▽チェーンソーで大胆に形作る「氷彫刻」。 美しくとけゆく中に隠された技とは? ▽氷の中を削って生まれる幻想的な花「フローラルアイス」 ▽八ヶ岳産ふわふわの「天然氷」で作るかき氷の奮闘記 ▽千利休が…

美の壺「白い宝石 豆腐」<File539>

▽大豆から生まれる“白い宝石”豆腐は日本人のソウルフード ▽木綿の穴に秘密あり!京都の湯豆腐がおいしいわけ ▽のど越しにこだわる江戸っ子が愛した絹ごし豆腐 ▽江戸のベストセラー「豆腐百珍」の料理を再現。 豆腐の多様なレシピと栄養が飢饉を救った? ▽神…

美の壺「日本の国石 ヒスイ」 <File413>

縄文時代から日本人と密接に関わってきた、 ロマンあふれる宝石「ヒスイ」 ▼白?緑?紫?さまざまな色に輝く不思議 ▼精霊の力を宿すと信じられたヒスイの勾玉(まがたま)に、 古代の人々が託した思いとは? ▼東大寺仏像の宝冠飾りを最後に 歴史の表舞台から…

美の壺「大空に舞う トキ」 <File488>

飛んだ時に見せる美しいトキの翼の色 ▽「とき色」の着物に染織家が桜の枝で挑む! ▽世界中で上演された上海歌舞団の舞台「朱鷺(とき)」。 プリンシパルが4年かけてみいだしたトキの表現とは? ▽佐渡の土で、トキを制作し続ける陶芸家のレリーフ紹介! ▽原…

美の壺「小さな地球 アクアリウム」 <File518>

水槽の中の小宇宙・アクアリウム! ▽水草のレイアウトを競う世界コンテスト優勝者の神秘の世界 ・雲海のように広がる水草 ・赤土の断崖を遊泳する魚 ▽デザイナーが水槽に再現した東南アジアやアマゾンの大自然 ▽散歩で感じた自然をアクアテラリウムで作る達…

美の壺「日本の筆、はけ、ブラシ」 <File545>

日本の筆・はけ・ブラシの奥深き世界 ▽ミス・ユニバース・ジャパンのメイクを手掛ける お坊さんメイクアップアーティストが愛用する 広島の熊野筆は「かわいさ」が要 ▽将軍徳川吉宗のお墨付き!はけとブラシの老舗の品数は なんと800!驚くべき種類と用途…

美の壺「涼をまとう浴衣」 <File544>

「浴衣は体の一部」と言う歌舞伎俳優・片岡愛之助さん。 こだわりの浴衣から帯の流儀まで、浴衣愛を語る! ▽涼しく過ごす工夫が詰まった浴衣生地。 絹を使った極上の浴衣とは?! ▽表と裏で同じ柄になる「注染(ちゅうせん)」の技。 見た目にも涼しい柄の工…

美の壺「青と白の粋 染付(そめつけ)の器」 <File543>

京都の骨とう店イチオシの染付「古伊万里」。 その魅力とは? ▽食器店店主・刀根弥生さんお気に入りの現代作家の染付。 夏にぴったりな料理との取り合わせを紹介! ▽中国・明時代末期のある期間にだけ作られた、 謎多き「古染付」とは? ▽今大人気の陶芸家・…

美の壺「こころ震わす 巨石」 <File542>

不思議な存在感を放つ「巨石」。 茨城県・筑波山や島根県・鬼の舌震の巨石群は、 自然が作り出す天然の美を誇る。 群馬県・榛名神社には神の在所としての巨石が、 島根県奥出雲には 人気漫画のモチーフとされる巨石や神そのものの巨石群が。 彫刻家・絹谷幸…

美の壺「涼を楽しむ 夏の甘味」 <File479>

わらび餅、みつ豆、ところてん、水ようかん… 安らぎと清涼感をもたらす夏の甘味を紹介! ▽京都・貴船の川床でいただく「わらび餅」▽食べる宝石! 創業130年以上の和菓子店が手がける輝く「ゼリー」 ▽目にも涼しい、氷のような寒天キューブの「みつ豆」 ▽…

美の壺「日本の敷物 畳」 <File541>

まるで芸術品!熊本県八代地方の、 い草農家が生み出す最上の「畳表」 ▽龍にマリリン・モンロー!? 畳の目を駆使して生み出す「畳アート」 ▽400年受け継がれてきた美意識。 茶の湯の所作と畳の深い関係 ▽織田信長・豊臣秀吉・武田信玄ら 武将の肖像画に…

美の壺「伝統を味わう 蕎麦」 <File528>

のどごしを追求した名人が作る「二八蕎麦(そば)」。 その技とは?! ▽江戸の食文化に通じた落語家ならではの、味わい方! ▽出雲蕎麦(そば)に衝撃を受けた職人が極めた、 「挽きぐるみ」の十割蕎麦(そば)! ▽究極の白さ!繊細で革新的な十割の「更科蕎…

美の壺「図書館」 <File448>

時の流れを感じる歴史的な図書館から、未来的なデザインのものまで、 全国の個性豊かな図書館が大集合! ▽館内は200mもの書物の森!緑に浮かぶ宇宙船のような図書館 ▽「知の闘技場」がコンセプトの、コロッセウム状の大学図書館とは? ▽レンガ造りの旧紡…

美の壺「民藝のやきもの」<File540>

人気料理家ワタナベマキさんが 「洋にも和にも合う!」と愛用する民藝の器とは?! ▽江戸時代から一子相伝で作られる「小鹿田焼(おんたやき)」の技 ▽ポップな模様の「スリップウェア」。 フリーハンドで描く一期一会のデザインとは? ▽陶芸家バーナード・…

美の壺「白い宝石 豆腐」<File539>

▽大豆から生まれる“白い宝石”豆腐は日本人のソウルフード ▽木綿の穴に秘密あり!京都の湯豆腐がおいしいわけ ▽のど越しにこだわる江戸っ子が愛した絹ごし豆腐 ▽江戸のベストセラー「豆腐百珍」の料理を再現。 豆腐の多様なレシピと栄養が飢饉を救った? ▽神…

美の壺スペシャル「レトロ建築」

レトロ建築の大ファン・内田有紀さんが、 伯爵の旧邸宅で“世界旅行” ▽人気アニメ映画「君の名は。」の背景美術を手がけた ポーランド人アーティストが世界に発信する 「昭和レトロ商店」。制作現場に密着! ▽フランク・ロイド・ライトがデザインした 「テラ…

美の壺「スイーツの芸術 パフェ」<File538>

▽「起承転結」を計算しつくした「イチゴのパフェ」 ▽500以上独創的なパフェを考案した 気鋭のシェフが作るブーケのような「リンゴのパフェ」 ▽まるで苔(こけ)むした庭! 季語から発想する「和テイストのパフェ」 ▽料理研究家・大原千鶴さん行きつけ洋菓子…

美の壺「魅惑のきらめき 切子」<File440>

まるで宝石のような輝きを生み出すカットの技は 100分の1mmの精度が求められる超絶技巧! さまざまな文様は、「子孫繁栄」「円満」「魔よけ」など、 それぞれ願いが。 前代未聞といわれた「黒い切子(きりこ)」に成功した 薩摩切子職人の開発秘話も!…