MENU

美の壺

美の壺「琥珀色の神秘 はちみつ」<File 514>

「神さまからの贈り物」色も味も千差万別!はちみつ大特集 ▽島取から北海道までミツバチとともに移動する養蜂家 ▽貴重!長崎・対馬の野生ニホンミツバチとの共生で生まれる 絶品はちみつ ▽はちみつとハーブとチョコレートの幸せな出会い ▽料理人・野﨑洋光の…

美の壺「書くよろこび 万年筆」<File 456>

らでん、まき絵、大理石…豪華装飾の万年筆が勢ぞろい! ▽作家・北方謙三さんは万年筆に名前をつけ愛用。 驚きのこだわりとは!? ▽漢字やひらがななどを書くため、 日本で独自に進化を遂げたペン先。 究極の書き味を追求する職人技! ▽祇園の石畳の色、長崎…

美の壺「日本のうまみ だし」<File 483>

家庭料理から懐石料理まで、日本の料理に欠かせない「だし」。 かつお節や昆布から出る「うまみ」はいま世界から大注目! ジャンルを超えて進化する「だし」の世界を紹介! ▽かつお専門食堂が生み出す、 「舌の上でとろける」かつお節とは? ▽熟成させること…

美の壺「一杯の至福 コーヒー」 <File485>

一杯のコーヒーで味わう、至福のひと時。 豊かな香りと味の余韻を生み出すのは、職人たちの技。 「抽出」「焙煎(ばいせん)」「エスプレッソ」、 それぞれの物語を味わう! 豊かな味と香りを引き出す「ドリップ」。 ハンバーグのように膨らむ抽出の技とは?…

美の壺「祝い渦巻く 中華街」 <File492>

長崎で育まれた唯一無二の和華蘭(わからん)文化で生まれた 祝いの円卓・卓袱(しっぽく)料理 ▽バスティー?ハトシ?謎の料理がいっぱい ▽神戸の中華街では、街をあげて祝う中秋の名月。 中秋節限定の月餅はアヒルの卵入り! ▽壮観!70頭の獅子が舞う!…

美の壺「小さな幸福 ミニチュア」 <File504>

なぜか心ひかれる、小さなものたち。 ミニチュアワールドを徹底探検! ▽麺やだしの光沢まで 本物そっくりの「うどん」は指に乗るサイズ。 その超絶技巧に迫る! ▽ぜいたく禁止令が生んだ江戸小玩具・ ダジャレで健康を願う赤フクロウ ▽ナポレオンも愛した「…

美の壺スペシャル 「和菓子」

<番組紹介> 季節を巧みに写す「生菓子」。 300年前以上前から受け継がれてきたデザインの秘密! ▽京都の老舗がかまどでじっくり炊く極上「あんこ」に、 北海道・十勝の農家がとれたて小豆で作る絶品「おはぎ」 ▽2.5cmに50枚の花びら! 精緻な「…

美の壺「森の神秘 きのこ」 <File519>

縄文の昔から、日本人が親しんできた「きのこ」 ▽きのこにこだわるフレンチレストランの、極上きのこ料理! ▽森と共生するマタギたちの絶品「きのこ鍋」 ▽専門家が案内する、貴重なきのこ。 八丈島では、闇夜で幻想的に光るきのこ! ▽世界が認めた菌類画家が…

美の壺「小さな地球 アクアリウム」 <File518>

水槽の中の小宇宙・アクアリウム! ▽水草のレイアウトを競う世界コンテスト優勝者の神秘の世界 ・雲海のように広がる水草 ・赤土の断崖を遊泳する魚 ▽デザイナーが水槽に再現した東南アジアやアマゾンの大自然 ▽散歩で感じた自然をアクアテラリウムで作る達…

美の壺「白磁」 <File517>

食卓から世界を魅了! 究極の色と形「白磁」の器。透けるほどの薄さ、色香漂う地肌。 400年前、佐賀・有田の奇跡の土が生んだ最初の磁器。 白色を極限まで引き立たせる究極の“ろくろの技”。 ゆるぎない輪郭線の美。 近代陶芸の巨人・富本憲吉が遺した“ろ…

美の壺「足もとに咲く 草履」<File 516>

日本の暮らしと共に発達してきた「草履」。 多様な素材と鼻緒の組み合わせで無限のデザイン。 ▽ロバート・キャンベルさんが「生きた伝統」と語る 草履の魅力。 ▽この道60年・職人兄弟が 技を駆使し生み出した最高の履き心地とは。 ▽明治時代から続く京都の…

美の壺「楽器の王様 パイプオルガン」<File 515>

▽パイプオルガンで始まる ユーミンの名曲「翳(かげ)りゆく部屋」。 松任谷正隆さんが、45年ぶりに同じ大聖堂で演奏! ▽世界で唯一の、回転するパイプオルガンの音色の秘密! ▽世界から「名匠」とたたえられる、 日本人パイプオルガン製作家の技に密着! …

美の壺「旅を彩る 駅弁」<File 444>

全国4500個もの駅弁を制覇した達人が、 食べる電車や車窓からの景色・タイミングまでこだわる 「味わい方の極意」とは?! ▽ 日本各地に名物駅弁を生んだ「特殊弁当」の歴史 ▽ “おばあちゃん”の家庭料理が詰まった、 青森・津軽ならではの味とは?! ▽ …

美の壺「いのち宿る 草木染め」<File 552>

セレクトショップで大人気の草木染めアクセサリー。 作者は瀬戸内の島でほっこり草木染めライフ ▽“魅惑の赤”紅花の染料作り。 30年ものの“熟成糸”を大公開! ▽伊勢神宮で秘やかに営まれる、草木染めの御神宝制作。 百年前に神に捧げられた装束を、今回特別…

美の壺「神秘の楽園 奄美大島」<File 551>

2021年7月に世界自然遺産に登録された「奄美大島」 ▽五感を研ぎ澄ませ、 自然の「美」を慈しむ暮らしに迫る! ▽島の写真家が記録する「森の声」。 リュウキュウアカショウビン・アマミノクロウサギの授乳 ▽倒木から再生する丸い器 ▽カメ仕込み黒糖焼酎…

美の壺「みんな大好き 日本の洋食」<File 431>

小山薫堂が語る「洋食の極意」とは?! ▽横浜生まれの「ナポリタン」に込められた アメリカへの憧れ ▽「カレーライス」のルーを入れる “あの器”に隠された秘密とは?! ▽エビ反りしていない真っすぐな「エビフライ」にみる 和の美学! ▽洋食のオールスター「…

美の壺「煙の魔法 燻製(くんせい)」<File 550>

ベーコンからプリンまで、 食材ごとに使うチップを使い分ける専門店のこだわり! ▽アウトドアコーディネーターによる、 キャンプで手軽にできる料理 ▽中国料理・脇屋友詞さんは、 茶葉を使って香り豊かなトロトロ豚肉! ▽海外VIPも絶賛! しょうゆやオリー…

美の壺「魂宿る 刀剣」<File 511>

2019年に発見された、明智光秀の愛刀「近景」。 光秀が刀に込めた思いとは? ▽世界が注目する刀鍛冶が作る、 極上の刀剣▽室町時代から続く、砥ぎ師の本阿弥家。 人間国宝が明かす「砥ぎの極意」 ▽居合の達人による、時代ごとの形と真剣の技 ▽平安時代に…

美の壺スペシャル「日本のお弁当」

江戸の女性が芝居見物で楽しんだ、幻の重箱弁当が200年ぶりに復活!? ▽京都の一流料理人が四季を詰め込んだ絶品弁当! ▽旅情かきたてる「駅弁」。かけ紙に秘められた意外な歴史! ▽山で働く人々を支えてきた手作り弁当箱“めんぱ” ▽鳥にシマウマに日本列島?……

美の壺「大地の母 山」<File 549>

日本人の心のふるさと「山」。 北アルプスの女王と呼ばれる、燕岳。 雲の上の楽園では日の出や星空など 移ろう時が天空の大スペクタルとして現れる。 南アルプス、地蔵ヶ岳の頂に屹立する巨岩、オベリスク。 縄文時代から人々は、この山に神を見出してきた。…

美の壺「伝統をまとう祇園の舞妓」<File 525>

舞妓の装いの舞台裏。紅を下唇だけにさす理由とは? ▽舞妓は地毛、芸妓(げいこ)はかつらの日本髪。 地毛で結う、日本髪伝統の技 ▽祇園の舞妓を指導し続ける人間国宝・井上八千代さん。 緊迫する稽古の現場に潜入! ▽舞妓最後の10日間。 この時期だけの髪…

美の壺「光と風の物語 窓 」<File 548>

「テーマはアリの生活」という造園家・齊藤太一さんの 巨大な窓には、50種類の植物による圧巻の光景! ▽吉村順三が軽井沢に設計した、自然を愛でる広い窓 ▽巨匠フランク・ロイド・ライトの美意識が詰まった、 さまざまな窓のデザイン ▽まるで宇宙船?!「…

美の壺「食す宝石 塩」 <File547>

魔法の調味料「塩」。 ▽食す宝石、1800種類をコレクションする 塩のスペシャリストが語るロマンと神秘 ▽国の重要無形民俗文化財、 奈良時代から受け継がれる石川県奥能登の製塩法、 先人の知恵が結集した匠の技 ▽世界に一つだけの驚きのオーダーメイド塩…

美の壺「15周年記念!“ジャズ”」 <File533>

熱烈なジャズファンの落語家・林家正蔵さんが語る、 ジャズの魅力とは?! ▽日本を代表するジャズピアニスト・山下洋輔さんによる 「即興」の極意 ▽時代を変えた「エレキギター」 ▽今大人気の ジェントル・フォレスト・ジャズ・バンドによる、 ジャズ名曲メ…

美の壺「日本の原風景 古民家」 <File546>

神奈川県葉山の古民家でスローライフを実践する家族に密着! ▽デービッド・アトキンソンさんが愛する、京町家の美意識 ▽静岡の古民家を400年支え続ける柱や梁(はり)には、 戦国時代の城造りの技 ▽福島県南会津に残る古民家群の、美観を守る工夫 ▽都会の…

美の壺スペシャル「日本の避暑地」

夏本番!「日本の避暑地」の魅力を大特集! ▽長野・上高地にある昭和8年開業のリゾートホテル。 雪深い春先から準備する”夏のもてなし”に密着! ▽奥日光・ベルギー大使館別荘から望む、雄大な絶景! ▽軽井沢で人気のエッグ・ベネディクトに、 伊豆高原の朝…

美の壺「不朽のデザイン 市松模様」 <File520>

スーツから靴下まで、市松模様を毎日身につける 狂言師・茂山逸平さん。 愛用歴20年の市松アイテム大公開! ▽縄文土器や埴輪にも! 写楽も描いた「市松」の名の由来の人物とは?! ▽漆黒市松のスタイリッシュな江戸切子に、 3500の四角がうごめく市松…

美の壺スペシャル 「日本のすし」

日本が世界に誇る食の芸術「すし」を大特集! ▽140年伝わる老舗の技に密着! 「江戸前ずし」の艶の秘密とは?! ▽京都の「さばずし」「箱ずし」には、極上の心づくしが! ▽金沢では、回転ずしが大盛況! 地元の魚をこよなく愛するすし職人のこだわりとは…

美の壺「夏の輝き 氷」 <File510>

目にも涼しく、食べてひんやりの「氷」を存分に味わう ▽チェーンソーで大胆に形作る「氷彫刻」。 美しくとけゆく中に隠された技とは? ▽氷の中を削って生まれる幻想的な花「フローラルアイス」 ▽八ヶ岳産ふわふわの「天然氷」で作るかき氷の奮闘記 ▽千利休が…

美の壺「白い宝石 豆腐」<File539>

▽大豆から生まれる“白い宝石”豆腐は日本人のソウルフード ▽木綿の穴に秘密あり!京都の湯豆腐がおいしいわけ ▽のど越しにこだわる江戸っ子が愛した絹ごし豆腐 ▽江戸のベストセラー「豆腐百珍」の料理を再現。 豆腐の多様なレシピと栄養が飢饉を救った? ▽神…