MENU

ガラス製品

イッピン「華麗にして繊細~東京 ガラスの器~」

<番組紹介> 東京のガラス製品が面白い。 東京といえば、江戸切子が有名だが、従来の直線的な幾何学模様ではなく、 金魚やトラが曲線で彫りこまれたグラス。 また、一度廃れた技法を復活させ、 ガラスの表面に霜や雪の結晶のような複雑な模様を浮かび上がら…

イッピン「アイデアが止まらない!~千葉 ガラス製品~」

<番組紹介> 今、千葉で生まれたガラス製品が人気だ。 ガラスに泡を封じ込めた幻想的なグラスや、 海外で学んだ技法から生まれた神秘的な香水瓶。 50年ほど前からガラス工房が増えだした。 房総半島では、 若き職人たちが日々競うように独創的な色や形を追…

イッピン「未来への挑戦 房総から全国へ!新たな製品を~千葉 工芸品」

<番組紹介> 自身がデザインした器を自分の手で作るため腕を磨く、 ガラス工場の職人。 そして、房総半島の土で焼き物作りに挑む陶芸家。 千葉で奮闘を続ける2人の若手職人の情熱を迫う。 九十九里のガラス工場の若き女性職人は、 技術が伴わず、自身がデ…

イッピン「神秘のきらめき 多彩な造形~茨城のガラス製品~」

<番組紹介> 茨城県は工芸が盛んな土地で、ガラス工芸もそのひとつ。 県外から作家が集まり、多彩な作品が生まれている。 緻密な模様が施され、優美な輝きを放つクリスタルガラスのグラス。 柔らかな曲線、立体的な表面のグラスには まるでイチゴのような模…

茨城県「カガミクリスタル」

茨城県の工芸と言えば、 「笠間焼」、「結城紬」、春慶塗「粟野春慶」などが よく知られていますが、 実は「ガラス工芸」も忘れてはならない存在です。 茨城県のいくつかの古墳からはガラス玉出土しています。 北茨城市の「シリカ」や龍ヶ崎市の「カガミクリ…

イッピン・コレクション「あかり」

<番組紹介> これまで番組で紹介した数々のランプシェード。 その中から愛知・瀬戸のガラス製のものや、 岐阜で作られた木製のもの。 そして、美濃和紙のランプシェードに焦点をあてる。 これまで番組では、 各地の伝統工芸の技法で作られたランプシェード…

イッピン「名匠への道 もっときらめく明日へ〜東京 江戸切子〜」

<番組紹介> 200年近い伝統を持つ、東京のガラス工芸、江戸切子。 コロナ禍で売り上げは激減したが、 次代を担う若手の作り手たちは、 未来を見すえて、たくましく腕を磨いていた。 200年近い伝統を持つ、東京のガラス工芸、江戸切子。 コロナ禍で深…

美の壺「魅惑のきらめき 切子」<File440>

まるで宝石のような輝きを生み出すカットの技は 100分の1mmの精度が求められる超絶技巧! さまざまな文様は、「子孫繁栄」「円満」「魔よけ」など、 それぞれ願いが。 前代未聞といわれた「黒い切子(きりこ)」に成功した 薩摩切子職人の開発秘話も!…

イッピン「きらきら光る下町のダイヤモンド・江戸切子」

<番組紹介> 今年5月に開業した東京スカイツリー。 そのライトアップイメージやエレベーターの内装、 オブジェなどに使われて全国的に大人気となっている 江戸切子。 伝統模様を繊細かつ大胆に刻んだカット、 まばゆいばかりに磨き込まれた透明さ、 そして…

東京都「江戸切子」

「江戸切子」とは、 ガラスの表面に紋様をカットを施して装飾する技法そのもの、またはカットされた紋様そのものを指します。英語で言うと「カットグラス」です。 主に回転する研磨盤を用いて、ガラスをそこに押し付けるようにしてカットを入れていきます。…

イッピン「やさしさを泡にこめて~沖縄 ガラス製品~」

<番組紹介> ぽってりとした厚みのガラスの中に 小さな泡が閉じ込められている。 そんな沖縄のグラスの人気が高まっている。 捨てられる廃瓶を再利用し、 一つ一つ手作りしているグラスは、 ひんやり冷たいという 一般のガラスのイメージとは異なり、 優し…

沖縄県「沖縄ガラス(琉球ガラス)」

「沖縄ガラス」(「琉球ガラス」と表記されることもある)は、 沖縄県の沖縄本島を中心に生産される、 吹きガラスなどのホットワーク作業のガラス工芸品のことです。 沖縄には、アジアとの貿易を通じて 比較的早くにガラス製品がもたらされていたと考えられ…

青森県「津軽びいどろ」

「津軽びいどろ」は、 昭和61年に津軽地方にある七里長浜からすくい上げた砂を 硝子の原料に加えて作って出来た、渋い緑褐色が特徴の硝子です。 現在は七里長浜の砂を使用していません。 現在の「津軽びいどろ」は、 緑や青・赤・黄色・白・黒色など様々な色…