MENU

金工品

高知県・「土佐打刃物」

現在、「第3次キャンプブーム」により、 おしゃれな刃物を使いこなすことがステータスとなっています。 そこで注目されているのが、自由鍛造の「土佐打刃物」です。 刃物の産地 土佐打刃物とは 自由鍛造 土佐打刃物の歴史 山男「杣師」 鍛冶屋創生塾 <土佐…

イッピン「伝統の切れ味 鍛造の極み〜高知の刃物〜」

<番組紹介> 高知の伝統の刃物を紹介する。 包丁、ナタ、植木バサミなどを鍛冶たちが自由に形作ることで、 使いやすさと切れ味を両立させてきた技。 鉄と鋼に向き合う職人技を見る。 森林面積がおよそ8割を占める高知では、 江戸時代からナタやカマなどの…

イッピン「特殊素材を暮らしの中へ〜神奈川 町工場発 生活用品〜」

<番組紹介> 工業製品を主に造ってきた神奈川県の町工場が、 生活用品づくりに挑みだした。 石英ガラスのベル、バネの技術を応用したクリップ、 遠赤外線を発する特殊素材の鍋など。 工業製品を主に造ってきた神奈川県の町工場が、 持てる技術を使って生活…

美の壺「魂宿る 刀剣」<File 511>

2019年に発見された、明智光秀の愛刀「近景」。 光秀が刀に込めた思いとは? ▽世界が注目する刀鍛冶が作る、 極上の刀剣▽室町時代から続く、砥ぎ師の本阿弥家。 人間国宝が明かす「砥ぎの極意」 ▽居合の達人による、時代ごとの形と真剣の技 ▽平安時代に…

イッピン「工業技術が暮らしを彩る~静岡 金属加工製品~」

<番組紹介> 宇宙開発技術を駆使し、オーロラのように光り輝くグラス。 バネを利用した、モダンな花入れ。 静岡の工業地域から生まれた斬新な製品を、中山エミリがリサーチ! 光を受けると、オーロラのように光り輝く幻想的なグラス。 最先端の宇宙開発技術…

イッピン「伝統の技でスタイリッシュに!~富山・高岡の金属製品~Ⅲ」

<番組紹介> 叩くと「チーン」と澄んだ音色が響きわたる。 実はこれ、仏壇に欠かせない「おりん」を現代風にアレンジしたもの。 日本有数の金属産業の町、富山県高岡市では今、 伝統の技法を組みあわせた斬新な製品が次々生まれている。 銅を青く深い味わい…

イッピン「変幻自在で心地よい~富山・高岡の金属製品~Ⅱ」

<番組紹介> 金属なのに、紙のように薄くて柔らかい錫製のプレート「すずがみ」が 大人気。 予約で2か月待ちのイッピンです。 手でふわっと簡単に曲げられ、 サラダを盛る器や花瓶、小物入れなど 思い通りの形にできるのが人気の秘密。 更に仏具の素材の一…

富山県・高岡銅器

ものづくりの町として栄える富山県高岡市で、 400年以上の歴史を宿す「高岡銅器」。 日本における銅器の生産額の約95%と、国内最大の規模を誇ります。 名前には「銅器」とありますが、 真鍮や青銅などの銅合金以外にも アルミ合金・錫・鉄・金・銀などの素材…

イッピン「世界も驚く!変幻自在の色とカタチ〜富山 高岡銅器〜Ⅰ」

<番組紹介> 今回は400年の歴史を持つ富山県の高岡銅器。 銅と言えば、銅像や仏具といったちょっと遠い存在… そんなイメージを覆す、 カラフルでスタイリッシュな製品が続々と誕生している。 独特のバラエティーに富んだ色合いと、 意外なものを使った着…

イッピン「しなやかに 涼やかに~鹿児島 薩摩錫器~」

<番組紹介> 重量感と銀色の美しいフォルムを持ち ”冷たい飲み物が美味しく飲める”と人気の金属製タンブラー。 鹿児島県で作られた薩摩錫(すず)器のイッピンだ。 錫の鉱山がある鹿児島では、 古くから様々な飲食器が作られてきた。 中でも、柔らかい錫を…

鹿児島「薩摩錫器」

歴史 薩摩錫器の特徴 歴史 「薩摩錫器」は、 明暦2(1656)年、 八木主人佐(もんどのすけ)によって 現在の鹿児島市下福元町錫山地域で錫山が発掘されたことに 始まります。 1701年には、薩摩藩の経営となり、 1853~1854年には斉彬の命で湧上坑において、 約…

イッピン「料理を楽しく!もっと便利に!〜新潟 三条のキッチン用品〜」

<番組紹介> いま、モダンで使いやすいキッチン用品を続々と開発しているのが、 金属加工で知られる新潟県三条市。 フライパン、キッチンバサミ、調理スプーンなどに 伝統の技か生きる。 いま、斬新なキッチン用品を続々と開発しているのが、新潟県三条市。…

イッピン「おいしく!使いやすく!~新潟 燕の金属製品~」

<番組紹介> 素早く火が通るため手間のかかる料理も 短時間でおいしく作れると人気の調理鍋がある。 金属加工の町、新潟県燕市で生まれたイッピンだ。 実は自動車部品を 主に製造する会社が作ったというから驚き! 工業デザイナー柳宗理が設計したフライパ…

イッピン「きらり おいしいに乾杯!〜新潟・燕の金属グラス」

<番組紹介> お酒好きの男女に注目されている、 究極の輝きを放つステンレス製のタンブラー。 しかもクリーミーな泡立ちで、ビールがおいしいと評判だ。 金属加工製品の一大産地・新潟県燕市では、 今、魅力的な飲料用の金属製容器が続々と誕生している。 …

イッピン「進化する 暮らしの器~岩手 南部鉄器~」

<番組紹介> 表面に施した白と金のグラデーションが 「モダンな印象」と、 人気の鉄の急須がある。 これは岩手の南部鉄器。 奥州市と盛岡市、2つの産地で作られている南部鉄器の持ち味は バラエティー豊かなこと。 伝統の文様をあしらった鉄瓶は今も変わら…

イッピン「チャーミングに七変化~岩手 南部鉄器~」

<番組紹介> 鉄製のコーヒーポットが今、話題だ。 おしゃれで多機能。 岩手の南部鉄器の新しい顔である。 そしてあっと驚くかわいい小物も最近登場。 華麗な変化を続ける鉄器の魅力を紹介! カラフルでおしゃれ、そして多機能。 今、南部鉄器のコーヒーポッ…

岩手県「南部鉄器」

「南部鉄器」は 「岩手県盛岡市」と「奥州市水沢区」で生産されている鉄器の総称で、 岩手を代表する、更に言えば、日本を代表する伝統工芸品の一つです。 今となっては、 「南部鉄器」はひとつの伝統工芸品として知られていますが、 「南部鉄器」には「二大…

イッピン「すてきなポットでお茶を~山形鋳物~」

<番組紹介> 今回のイッピンは、 山形県で作られている伝統工芸品「山形鋳物(やまがたいもの)」。 現在、一流デザイナーと手を組んで、 斬新なデザインの鉄瓶が生み出されており、 ユニークなティーポットとして海外でも人気を集めています。 番組では、…

山形県「山形鋳物」

日本文化を代表する「茶道」になくてはならない 「茶の湯釜」の多くが山形産です。 鉄瓶、青銅花瓶、鉄鍋、置物など、 薄手で、しかも繊細な肌や正確な形は 伝統的工芸品に相応しい優れた技術によるものです。 歴史 特徴 歴史 「山形鋳物」の起源は 平安時代…

熊本県・肥後象嵌

「肥後象眼」(ひごぞうがん)は 熊本県熊本市で作られている金工品です。 「肥後象眼」の特徴は、 武家文化を反映した「重厚感」と「上品な美しさ」です。 深い黒地に金銀の意匠が映える象眼の美しさは 派手さを抑えて品格を漂わせています。 「肥後象眼」…

イッピン「名匠への道 未来へ 輝きはさらに深く〜熊本 肥後象嵌〜」

江戸時代、熊本で独自の進化を遂げた象嵌を肥後象嵌という。 コロナ禍の中で、その伝統に新たな風を吹き込もうと奮闘する 二人の若手職人を追い、その技術と思いに迫る。 コロナ禍の厳しい状況の中、 伝統工芸を守り、発展させていくために、 新たな挑戦にの…