MENU

陶磁器

美の壺「和食の原点 ごはん」<File 529>

<番組紹介> ふっくらつやつや、白いごはん! ▽「もっちり」から「しっかり」まで、 好みに合う米と炊飯道具を専門店が提案! ▽近茶流・柳原尚之さんが披露する、極上ごはんの炊き方! ▽料理研究家・有元葉子さんが提唱。 おいしいごはんの秘訣は「おひつ」…

イッピン「名匠への道 父の背中を追って 栃木・焼き物(小砂焼・みかも焼)」

<番組紹介> 栃木の2つの焼き物を紹介する。 那珂川町小砂(こいさご)地区の「小砂焼」。 そして栃木市の「みかも焼」だ。 父がのこした伝統の灯を消すまいと 奮闘する職人たちの姿に迫る。 小砂焼(こいさごやき)の代名詞といえば 黄金色に輝く「金結晶…

イッピン「未来への挑戦 受け継ぎ 切り開く 福島・会津の工芸品」

<番組紹介> 福島県の「会津木綿」と「会津本郷焼」。 古い織り機を蘇らせ、 伝統の綿織物の生地作りに乗り出した若者たちと、 故郷の風景を器に盛り込もうとする窯元の後継者を描く。 伝統工芸の若き担い手たちの活動を描く“未来への挑戦”。 今回は福島県の…

イッピン「暮らしを彩る みちのくの器 福島・会津本郷焼」

<番組紹介> 東北屈指の焼き物、会津本郷焼。 素朴な生活雑器で知られるが、 近年はしゃれたカフェボウルや、 流れるような青が美しい湯飲みや皿を生み、 人気を博している。 芦名星が探訪。 会津本郷焼は、400年の歴史を持つ、 東北屈指の焼き物。 素朴…

イッピン「ふるさとで学び新しい“世界”へ 滋賀 焼きもの」

<番組紹介> 焼き物のふるさと、滋賀県甲賀市信楽。 ここの窯業技術試験場は、 陶芸家志望の人たちを迎え入れその基本を教えてきた。 そこを巣立った3人に焦点を当てその作品を紹介。 焼き物のふるさと、滋賀県甲賀市信楽。 ここの窯業技術試験場は、 陶芸家…

美の壺「大地の祝福 信楽焼」<File 494>

<番組紹介> 朝ドラ「スカーレット」でおなじみの信楽焼 ▽「たぬき」が守衛のバイトで草刈家に!? ▽「冷え枯れた美」と茶人が絶賛した壺や甕(かめ)。 江戸時代前期まで焼締(やきしめ)の技法で作られた 古信楽(こしがらき)は信楽焼の真骨頂。 見どこ…

滋賀県「信楽焼」

「信楽焼」は、 滋賀県甲賀市信楽町を中心に生産されている陶器で、 「日本六古窯」の1つです。 たぬきの置物が有名ですが、 時代に合わせて人々の暮らしを支える器や道具が、 小さなものから巨大なものまで幅広く作られてきました。 信楽の土 信楽焼の歴史…

イッピン「土の持つ力を生かす 福井・越前の焼き物」

<番組紹介> 幅1ミリにも満たない極薄のさかずき。 落ち着いた銀色のモダンな皿。 どちらも福井の陶芸家の手になるもの。 地元の人たちの協力を得て土と釉薬を開発し、 技に工夫を重ねた。 越前焼の伝統を引き継ぐ、 福井の陶芸家たちの新たな挑戦を描く。…

福井県「越前焼」(えちぜんやき)

「越前焼」は、日本海に突き出た越前岬のある町、 福井県丹生郡にゅうぐん越前町えちぜんちょう を中心した地域で作られている 陶磁器です。 越前の土の特色を生かした、素朴で頑丈なつくりで 温かみのある土と灰釉の味わいを特徴としています。 越前町 「越…

イッピン「海・空・大地を器の中に 沖縄・やちむん」

<番組紹介> 沖縄の海のエメラルドグリーンを取り込んだ人気の皿は、 沖縄の伝統的な焼き物「やちむん」に、新風を送り込んだ。 琉球王国に始まるやちむんが、 今は南国らしい色や柄が特徴の普段使いの器となっている。 全国から集まった陶芸家たちが、 オ…

沖縄県「やちむん」

「やちむん」とは、 沖縄の言葉で「焼物(=焼きもん)」のことを言います。 「やむちん」の特徴は、その素朴さと力強さにあります。 どっしりとした重量感のある器は、 温かみと風格あり、人気があります。 「やむちん」は、Chinaや日本、 そして東南アジア諸…

イッピン「ふだん使いを美しく なつかしモダン 岡山県・焼き物」

<番組紹介> 岡山県では倉敷を中心に、普段使いの焼き物が作られ、 その素朴さとモダンな雰囲気が人気を集めている。 独自の技法でオリジナリティーあふれる 職人たちの手仕事を紹介。 岡山県では倉敷を中心に、普段使いの焼き物が作られ、 その素朴さとモ…

イッピン 「すっぴんがステキ! 岡山・備前焼」

<番組紹介> 気軽にドリップコーヒーが楽しめる、 備前焼のコーヒードリッパーが人気だ。 釉薬を使わないすっきりした表情や、 炎を操ることで生まれる独特の模様を生み出す技をリサーチ。 ひとりでも気軽にドリップコーヒーを楽しめる、 備前焼のコーヒード…

美の壺「不朽のデザイン 市松模様」<File520>

<番組紹介> スーツから靴下まで、市松模様を毎日身につける 狂言師・茂山逸平さん。 愛用歴20年の市松アイテム大公開! ▽縄文土器や埴輪にも! 写楽も描いた「市松」の名の由来の人物とは?! ▽漆黒市松のスタイリッシュな江戸切子に、 3500の四角が…

イッピン「伝統の白を未来へ〜兵庫 出石焼〜」

<番組紹介> 粘土で精密に造形した菊の花をあしらった花入れ。 そして波打っているような不思議な形の器。 江戸時代後期に誕生した「出石焼」を 現代に伝えようと力を注ぐ職人たちを追う。 雪肌のような白磁、出石焼。 明治期には立体的に作った草花などを…

兵庫「出石焼」(いずしやき)

www.youtube.com 「出石焼」(いずしやき)は、 「但馬の小京都」、兵庫県の豊岡市出石町で作られている磁器です。 白磁の「出石焼」は、「白よりも白」とか「白過ぎる白」と言われるほどの 透き通るような白さをもつことで高い評価を得ています。 また「出…

三重県「萬古焼」

三重県四日市市の代表的な地場産業であり、 昭和54(1979)年に国の伝統工芸品に指定された 「四日市萬古焼」。 四日市市と菰野町を中心に、窯元数は100社以上に上ります。 産地 歴史 萬古焼を代表する商品 1.土鍋 2.紫泥急須 蚊遣り豚(かやりぶた) 産地…

イッピン「彩り豊かに使いやすく 三重・萬古焼」

<番組紹介> 蓋を工夫した炊飯用の土鍋。 液だれしにくいしょうゆ差し。 そして多彩に色づけされたビアマグ。 どれも、三重県四日市市の焼き物、萬古焼だ。 江戸時代から、 使いやすく、暮らしに彩を添える器を生み出してきた。 明治以降は、海外への輸出も…

美の壺「民藝のやきもの」<File540>

<番組紹介> 人気料理家ワタナベマキさんが 「洋にも和にも合う!」と愛用する民藝の器とは?! ▽江戸時代から一子相伝で作られる 「小鹿田焼(おんたやき)」の技 ▽ポップな模様の「スリップウェア」。 フリーハンドで描く一期一会のデザインとは? ▽陶芸家…

イッピン「歴史がはぐくむ島の宝 熊本・天草陶磁器」

<番組紹介> 良質の陶石と粘土が採れる天草諸島。 真っ白な肌の花瓶、深みのある青色の皿、 質感にこだわったカップなど独創的な器を作っている。 豊かな自然と歴史に培われた技に迫る。 熊本県天草諸島は 磁器の原料となる陶石の日本有数の産地であり、 良…

イッピン「ここにしかない器を 兵庫・淡路島の焼き物」

<番組紹介> 一人は、かつて淡路島にあった焼き物の、 色合いをよみがえらせた。 別の一人は、陶芸に不向きな淡路の土で 独特な風合いを持つ焼き物を作った。 淡路島の陶芸家二人を紹介。 瓦の産地として知られる兵庫県淡路島。 鉄分を多く含んだ地元の土は…

兵庫県・淡路島「珉平焼」(みんぺいやき)

「珉平焼」(みんぺいやき)は、江戸後期の文政年間(1818~30)に、 淡路島の南端、伊賀野村(現在の南あわじ市)で、 賀集珉平(かしゅう みんぺい)によって始められた焼き物で、 地名をとって「伊賀焼」とか「淡路焼」などとも呼ばれ、 広く名声を博しまし…

美の壺「すこやかな芸術品 益子焼」<File 486>

<番組紹介> ぽってりとした素朴な土感とあたたかみが持ち味の益子焼。 江戸時代末期に栃木県益子町で、 すり鉢、瓶など生活の道具として誕生 ▽益子焼を芸術品に高めた人間国宝の濱田庄司の作品 ▽今や500人もの陶芸家が個性を磨く ▽かの有名駅弁の誕生秘…

イッピン「山から生まれた暮らしの道具 秋田・工芸品」

<番組紹介> 東北を縦断する奥羽山脈。 その山の恵みが生んだ工芸品が秋田県にある。 横手市の山に自生するアケビのツルで作る手提げかごは、 丈夫で型崩れしない。 800年の歴史を持つ湯沢市の漆芸。 地元の漆の木からとった漆だけを使い、 1年をかけて塗り…

イッピン 「よみがえりさらに進化を 福岡 小石原焼」

<番組紹介> 3年前の九州北部豪雨で大きな被害を受けた福岡県の焼き物の里。 痛手を乗り越え復旧を果たしただけでなく、 さらに新たな試みの端緒をつかんだ、小石原焼の職人たちを描く。 3年前の九州北部豪雨。 福岡・大分を中心に大きな被害をもたらした…

イッピン「世界を魅せる上品モダン~佐賀 有田焼~」

<番組紹介> 佐賀の有田焼は日本を代表する磁器の一つ。 華麗な絵付けが魅力だが、 専門の職人による分業体制で作られる。 器の形を決める職人、素地を作る職人、 それぞれの技を見つめる。 佐賀県の有田焼。日本を代表する磁器の一つだ。 その魅力は、なん…

イッピン「華麗に進化する器〜佐賀 有田焼〜」

<番組紹介> 400年の歴史を誇る有田焼は今、 スタイリッシュでモダンなデザインが続々と誕生し、 世界中の一流料理人に熱い視線を注がれています。 受け継がれてきた伝統と最先端の技術を融合させ、 時代に合わせて進化する有田焼の秘密を、 リポーターのア…

長崎県・波佐見焼

長崎県内で唯一、海に面していない町・波佐見町は、 佐賀県との県境に位置し、 焼き物の里として400年以上の歴史を誇ります。 大量生産を得意とし、日常食器の産地として名を馳せています。 1.波佐見焼の歴史 2.波佐見焼の特徴 3.波佐見焼の種類 くら…

イッピン「暮らしに寄り添うモダンな器~鳥取・焼き物~」

<番組紹介> 焼き物の生産が盛んな鳥取県。 民芸運動の拠点のひとつで、 現代の生活に合うモダンな器作りの伝統が作られた。 現代の職人たちも、丈夫で、使いやすく、 彩り鮮やかな器作りに取り組んでいる。 軽いが丈夫なティーポット、 明るい緑色が印象的…

イッピン「よりスタイリッシュに!よりモダンに!~佐賀・肥前吉田焼~」

<番組紹介> 伝統の絵付け技法を駆使して 美しいグラデーションを表現した青一色の皿や、 昔ながらの水玉模様をポップにアレンジした器など。 肥前吉田焼の魅力に女優の黒谷友香が迫る。 有田焼の産地、佐賀県で日常使いの器を作り続けてきた 「肥前吉田焼…