MENU

伝統工芸品

静岡県・駿河下駄

静岡の下駄の起源は、 遠く登呂遺跡の田下駄に始まり、 江戸時代になって、町民階級の履物として庶民の暮らしに普及しました。 明治時代に入ると、職人はその時代にあった下駄を作るようになり、 下駄に漆を塗った「塗下駄」や、 桐の柾経木(まさきょうぎ)…

京都府・「京象嵌」(きょうぞうがん)

www.youtube.com 日本の伝統的な技法「象嵌」(ぞうがん)は、 模様を象(かたど)り、嵌(は)め込むという意味で、 金属や木材、陶磁などに模様を彫り、 その窪みに別な素材をはめ込む加飾法です。 「京象嵌」(きょうぞうがん)とは 「象嵌」の歴史 京象…

栃木県「野州麻」

鹿沼市は麻の生産量日本一を誇る産地です。 鹿沼の麻は古くから「野州麻」(やしゅうあさ)と呼ばれ、 美しい光沢があり薄くしなやかで丈夫なのが特徴で、 全国各地に出荷されています。 かつて、日本の麻は衣食住を支える存在として、 各地で大切に栽培され…

山形県「鶴岡シルク」

鶴岡市を含む庄内地域は、国内最北限の絹産地です。 また、「養蚕」「製糸」「製織」「精練」「捺染」「縫製」 といった 絹織物の一貫した生産工程が集約されている 日本で唯一の地域でもあります。 産地 歴史 「鶴岡シルクタウン・プロジェクト」 産地 シルク製品が出来…

秀衡塗

「秀衡塗」は、 平安時代末期に、当時奥州平泉を治めていた藤原秀衡が、 京より招いた職人に 地元原産の漆と金をふんだんに使った器を造らせたのが 起源とされています。 平泉の黄金文化を象徴するもののひとつで、 「源氏雲」に「有職菱文」を配した意匠と …

奈良漆器

奈良漆器の歴史 奈良は日本の漆工芸発祥の地です。 仏教伝来を契機とした「天平文化」とともに花開き、 漆で絵を描いたもの、螺鈿、金銀平脱、平文など 多種多様な技法を自由に駆使して、 目の覚めるような美しい器物が作られました。 その頃の数多くの作品…

兵庫県・淡路島「珉平焼」(みんぺいやき)

「珉平焼」(みんぺいやき)は、江戸後期の文政年間(1818~30)に、 淡路島の南端、伊賀野村(現在の南あわじ市)で、 賀集珉平(かしゅう みんぺい)によって始められた焼き物で、 地名をとって「伊賀焼」とか「淡路焼」などとも呼ばれ、 広く名声を博しまし…

富山県「越中瀬戸焼」

「越中瀬戸焼」(えっちゅうせとやき)は 富山県立山町上末(うわずえ)、瀬戸地区で焼かれている 430年以上の歴史を有する陶芸です。 明治以降、一旦は衰退しますが、昭和に入り再興を果たしています。 あのスティーブ・ジョブズが購入したことで話題になっ…

茨城県「水府提灯」

「水府」は江戸時代の水戸の別称です。 その水府・水戸は、岐阜、八女(福岡県)とともに 「提灯の日本三大産地」と言われています。 提灯の歴史は古く、その起源は室町時代まで遡ると言われています。 当時、Chinaからもたらされたとされる提灯は、 竹かご…

石川県「山中漆器」

『奥の細道』にも登場する石川県加賀市の山中温泉。 芭蕉はここに八泊九日という異例の長逗留をし、 「山中や 菊はたおらじ 湯のにほい」と詠んでいます。 www.youtube.com 朝市ブレンド こおろぎ橋 200g この山中の伝統工芸と言えば、 木地師の精緻な技が生…

和歌山県「和歌山ニット」

和歌山は丸編ニット生地生産国内1位を誇る ニットの総合産地です。 和歌山ニットの歴史 和歌山ニットの特徴 ニットとは メリヤスの語源 メリヤスの歴史 和歌山ニットの特徴 和歌山ニットの歴史 江戸時代より、紀北の紀ノ川流域では綿作が盛んで、 綿を原料…

岐阜県「美濃和紙」

「美濃和紙」は、岐阜県・美濃市で主に生産される伝統的工芸品です。 光を通すと美しい輝きを放つ和紙で、「日本三大和紙」の一つです。 [日本三大和紙] 岐阜県の「美濃和紙」 高知県の「土佐和紙」 福井県の「越前和紙」 平成26(2014)年11月にユネスコ無…

山形県「豊国草履」

最上川の支流「寒河江川」が流れる寒河江市や河北町は、 昔から豊穣な稲作地帯で、良質な稲が多く育っていました。 酒造米「豊国」(とよくに)の稲わらを使用して作った 伝統の「豊国草履」は 大相撲の行司やNHK大河ドラマの中でも使用される逸品です。 歴…

山形県「かほくスリッパ」

山形県河北町は「スリッパ生産量全国一」の町です。 歴史 かほくスリッパ 歴史 明治時代より、河北町の主産業は農業でした。 そして、農家のほとんどは農業の合間や冬期間などに副業として 稲わらで草履を作っていたため、河北町は草履の一大産地でした。 戦…

神奈川県「中津箒」

日々の生活に彩りをくれるお掃除の道具のひとつ「箒」(ほうき)。 原料から全て職人の手で作られている 「中津箒」(なかつほうき)は 伝統的な技術を残しながらも 現代の生活に馴染むよう作られています。 箒の歴史 中津箒 箒の使い方 箒の歴史 「箒」(ほ…

神奈川県「横浜焼」

開港間もない横浜の地に全国の陶工達が集い、 誕生した焼き物が「横浜焼」です。 素地や顔料は 肥前や京都、瀬戸など様々な産地から仕入れ、 主に絵付けのみが施され、 主として海外への輸出向けに製作されました。 輸出されると同時に、 海外の宝石のような…

埼玉県「小川和紙・細川紙」

平成26(2014)年、「日本の手漉和紙技術」が 「ユネスコ無形文化遺産」に登録されました。 登録されたのは、 埼玉県小川町と東秩父村の「細川紙」 岐阜県美濃市の「本美濃紙」 島根県浜田市の「石州半紙」 の3件です。 「小川和紙・細川紙」は、 埼玉県のほ…

福井県「越前箪笥」

「越前箪笥」(えちぜんたんす)とは、 主に福井県越前市や鯖江市周辺で ケヤキやキリなどの木材を 奈良時代より伝わる越前指物の技術で加工し、 豊かな装飾の鉄製金具や漆塗りで施した 重厚な作りの和箪笥です。 鉄製金具には「越前打刃物」の技術、 漆塗り…

岐阜県「美濃焼」

「美濃焼」は、岐阜県東部に位置する東濃地方の3つの市 (多治見・土岐市・瑞浪市)で主に生産される陶磁器のことです。 歴史 伝統的工芸品 志野 織部 黄瀬戸 瀬戸黒・引出黒 灰釉 染付 天目 赤絵 青磁 鉄釉 粉引 御深井 飴釉 美濃伊賀 美濃唐津 美濃焼の人…

神奈川県「箱根寄木細工」

箱根山系は、京都嵐山、鳥取の大山と並ぶ 日本屈指の樹種豊富な地域です。 その樹種の天然の色を生かして様々な模様を作り、 それを用いて箱などの製品にした物が 我が国では他に例を見ない独特の木工芸品「箱根寄木細工」です。 歴史 「箱根寄木細工」の始…

神奈川県「小田原漆器」

「小田原漆器」とは、 神奈川県小田原市で作られている漆器です。 主に欅(けやき)を使用していることから 堅牢で、また木地の木目の美しさが特徴の漆器です。 小田原漆器の歴史 「小田原漆器」とは 小田原漆器の歴史 「小田原漆器」の起源は、室町時代中期…

兵庫県「姫路レザー」

日本で製品として利用される「皮」は、 (豚皮以外)8割をアメリカなどからの輸入に頼っていると 言われています。 兵庫県姫路市は、牛や馬の生産から加工まで 全てが地域内で完結している、稀有な地域です。 企業数、出荷額では全国の2分の1以上を占め、…

富山県「富山ガラス」

「富山のガラス」は300年以上の伝統を受け継ぐ 「越中富山の売薬」に由来します。 富山藩二代藩主の前田正甫は、 自らも医薬の知識に通じていたと言われ、 薬によって領民の救済を行うだけではなく、 「越中富山の薬売り」として知られる 「配置薬」というビ…

高知県・「土佐打刃物」

現在、「第3次キャンプブーム」により、 おしゃれな刃物を使いこなすことがステータスとなっています。 そこで注目されているのが、自由鍛造の「土佐打刃物」です。 刃物の産地 土佐打刃物とは 自由鍛造 土佐打刃物の歴史 山男「杣師」 鍛冶屋創生塾 <土佐…

岐阜県・「飛騨家具」

飛騨地方は 東に飛騨山脈、西に両白山地と険しい山に囲まれ 面積の約95%が森林となっています。 豊かな自然を背景に縄文時代から 高度な木工加工や建築技術を育んできました。 飛騨の匠 飛騨家具の歴史 協同組合 飛騨木工連合会 飛騨の家具®フェスティバル …

滋賀県「信楽焼」

「信楽焼」は、 滋賀県甲賀市信楽町を中心に生産されている陶器で、 「日本六古窯」の1つです。 たぬきの置物が有名ですが、 時代に合わせて人々の暮らしを支える器や道具が、 小さなものから巨大なものまで幅広く作られてきました。 信楽の土 信楽焼の歴史…

熊本県「天草陶磁器」

世界に誇る「天草陶石」 天草陶石の発見 平賀源内の建白書『陶器工夫書』 「天草陶石」鉱床 「天草陶石」で作られた製品 特徴 天草陶磁器について 歴史 磁器 陶器 瀬戸焼 現在 世界に誇る「天草陶石」 「天草陶石」と呼ばれる熊本県天草産の陶石は、 単体で…

鳥取県「鳥取の焼き物」

美しい自然に囲まれた鳥取県。 鳥取砂丘を思いがちですがそれだけでなく、 焼き物の生産も盛んです。 鳥取県は土や石の種類が豊富だったことから、 江戸時代に焼き物が盛んになりました。 「若桜ヒスイ」 鳥取県八頭郡若桜町角谷産「若桜ヒスイ」。 この産地…

富山県・高岡銅器

ものづくりの町として栄える富山県高岡市で、 400年以上の歴史を宿す「高岡銅器」。 日本における銅器の生産額の約95%と、国内最大の規模を誇ります。 名前には「銅器」とありますが、 真鍮や青銅などの銅合金以外にも アルミ合金・錫・鉄・金・銀などの素材…

栃木県「小砂焼」(こいさごやき)

「小砂焼」は「こいさごやき」と読みます。 栃木県東部に位置する那珂川町(旧馬頭町)の馬頭地区は、 江戸時代は水戸藩に属しています。 「小砂焼」は、 天保元(1830)年に水戸藩主・徳川斉昭がこの陶土を発見し、 水戸藩の殖産興業政策により城下に製陶所…