MENU

山形県「豊国草履」

 
最上川の支流「寒河江川」が流れる寒河江市や河北町は、
昔から豊穣な稲作地帯で、良質な稲が多く育っていました。
酒造米「豊国」(とよくに)の稲わらを使用して作った
伝統の「豊国草履」は
大相撲の行司やNHK大河ドラマの中でも使用される逸品です。
 

 
 

歴史

その稲藁を使った草履作りは、
江戸末期、冬の副業に最適と、
田宮家8代の五郎衛門が農民に教えたのが始まりです。
 
田宮五右衛門の熱心な説得により、
明治20(1887)年頃には どの農家でも草履表を作るようになると
山形での草履の生産数は
他の3大産地であった三重・奈良・静岡を抜いて
日本一になりました。
 
当時、山形の農家の嫁は 一日に草履を10足編めないと
一人前ではないと言われたほどでした。
 
第二次世界大戦が始まると、
農家の若い男性が徴兵されたため、
女性だけでは大規模な稲作が出来ずに
草履の材料となる稲藁の収穫量が激減することになります。
 
また、当時草履の材料として主流だった
「豊国」は面積辺りの米の収穫量が少なかったため、
食糧増産に反するとして
作付け面積は更に激減することとなりました。
 
戦後は生活様式が洋式に変わり、
最盛期200件以上あった草履業者は
その殆どがニット産業やスリッパ産業に転換していきました。
 

現在

現在、寒河江市内で草履表を編める人は5名のみ。
生活様式に変化で
草履は一般家庭では殆ど見られることは無くなりましたが、
今でも草履を必要とする伝統芸能や時代劇などは数多くあります。
その草履表を「軽部草履」が商品加工して販売しています。
また近年は、 昔から草履表に最適といわれてきた
幻の品種「豊国」(とよくに)を栽培し、
その稲藁を使った草履づくりも始めています。