MENU

和紙

イッピン「薄くて丈夫 伝統の技~岐阜 美濃和紙~」

<番組紹介> 美濃和紙の魅力を紹介。 和紙に施された模様が部屋中に投影され、 幻想的な雰囲気を醸し出すランプシェード。 和洋どちらの部屋にも合うモダンなデザインが、 女性たちに人気だ。 「これが和紙?」と誰もが驚く“水うちわ”は、 透けるような薄さ…

イッピン・コレクション「あかり」

<番組紹介> これまで番組で紹介した数々のランプシェード。 その中から愛知・瀬戸のガラス製のものや、 岐阜で作られた木製のもの。 そして、美濃和紙のランプシェードに焦点をあてる。 これまで番組では、 各地の伝統工芸の技法で作られたランプシェード…

イッピン「モダンで精緻!“文様の美”写す紙・伊勢型紙」

<番組紹介> 夜をすてきに演出する「ライトスタンド」。 表面に刻まれた花や木々の繊細な文様の美しさが評判を呼んでいる。 素材は「伊勢型紙」。 三重県鈴鹿市で作られる文様を手彫りした型紙だ。 本来、着物を作るときに 生地に柄をつけるための“道具”。 …

三重県「伊勢型紙」

「伊勢型紙」とは、 三重県鈴鹿市で作られている 友禅、ゆかた、小紋などの柄や文様を 着物の生地を染めるのに用いるもので、 千有余年の歴史を誇る伝統的工芸品です。 和紙を加工した「渋紙」と言われる型地紙に、 彫刻刀で着物の文様や図柄を丹念に彫り抜…

東京都墨田区「江戸型彫 」

「型彫」とは、着物の染色に使う型紙のことです。 和紙を柿渋で加工した型地紙に 彫刻刃で着物の紋様や図柄を彫り抜いたものです。 この技術は室町時代に完成し、 江戸時代には微細な紋様などを染めるため 紙の間に細い絹糸を縦横に貼って補強した型紙が開発…