MENU

イッピン「丈夫さと色の深さと~島根・石州和紙の製品~」

<番組紹介>
島根県石見地方の和紙、石州和紙は丈夫さで有名。
赤ちゃんが初めて履く靴、
ファーストステップシューズをこの和紙で作った。
また染料に何度もつけた小銭入れも紹介。
島根県石見地方の伝統の和紙、石州和紙は丈夫なことで有名。
この紙を使って、赤ちゃんが初めて履く靴、
ファーストステップシューズを作った職人がいる。
靴を縫い合わせる糸までが紙。
記念に長くとっておくこの靴に込められた思いとは?
また丈夫なだけでなく、水にも強い。
そこから染料に何度もつけて、
複雑で深みのある色合いがだせる。
しかし、染料は種類によって染まるスピードが異なる。
職人の繊細な技が、そこで披露される。
 
<初回放送日:令和4年(2022)年7月29日>
 
 

 
 

赤ちゃんのファーストシューズ
「『神の国から』紙のくつ」(手漉き紙工房かわひら・川平勇雄さん)

 
 
4軒しか残っていないユネスコ無形文化遺産・重要無形文化財の
「石州半紙」(せきしゅうばんし)の技術・技法を守る工房のひとつです。
地元産の「楮」(こうぞ)と「トロロアオイ」のネリでつくる手漉き紙を
山の中の一軒屋で作っています。
 


www.youtube.com

 
 
「『神の国から』紙のくつ」を製作するのは、
石州和紙工房「かわひら」の3代目で、
職人の川平勇雄さんです。
 
父の正男さんは「現代の名工」であり、
母の律江さんは和紙で作られた紡ぎ糸で
ストールやコースターなどを製作し、
工房を家族で営んでいらっしゃいます。
 
「ファーストシューズ」は、
赤ちゃんに初めて買ってあげる屋外用の靴のことです。
日本では、歩き始めたら購入するのが一般的ですが、
欧州では、「ファーストシューズ」を玄関に飾っておくと
幸せが訪れると言い伝えがあり、とても大切にされています。
 
そんな言い伝えもあるこの一品を、
1300年もの歴史を持つ
日本古来の和紙で作って祝いたいという思いから、
「紙のくつ」を製作しています。
 
「『神の国から』紙のくつ」は
100%地元産の「楮」(こうぞ)で作られています。
化学的な漂白剤や着色料、糊剤を一切使わず、
かがり糸や靴紐も紙で作られています。
丈夫な石州和紙ですから、もちろん実際に履くことも出来ます。
 
  • 住所:〒699-3225
       島根県浜田市三隅町古市場683-3
  • 電話:0855-32-1166
 

f:id:linderabella:20210513110253j:plain