MENU

イッピン「技を結集して 新たなやきものを〜岐阜 美濃焼〜」

<番組紹介>
陶磁器なのに漆器のような輝きの皿、
モダンな艶消しのパステルカラーの器、
小さなタイルのピアスなど、伝統の技を駆使して、
時代と寄り添う美濃焼の新たな魅力に迫る。
岐阜県の東濃地方は、日本有数の陶磁器の産地。
かつては徳利やどんぶりなど、
地域ごとに得意とする器が異なり、
それぞれが専門に作っていた。
そこで培われた技術から、生み出された新しい器たち。
一つは、漆のような奥行きある輝きを放つお皿、
二つ目は、どんな世代のライフスタイルにも合う
艶消しパステルカラーの器、
そして三つめは、タイル作りを改良して生み出した
焼き物のアクセサリー。
個性豊かな美濃焼の魅力を味わう。
 
 
岐阜県の東濃地方は、1300年以上の歴史をもつ陶磁器の産地で、
国内生産の陶磁器の約半数がここで作られています。
 
かつては徳利やどんぶりなど、地域ごとに得意とする器が異なり、
それぞれが専門に作っていました。
そこで培われた技術から、
生み出された新しい器の 個性豊かな美濃焼の魅力を味わいます。
 
 
 

1.ぎやまん陶(カネコ小兵製陶所・伊藤 克紀さん)

カネコ小兵は、美濃焼の生産地・土岐市下石町にある
大正10(1921)年創業の窯元です。
 

 
                    - リンカ -

 
美濃焼の歴史と伝統を大切にしながら、
やきものを通して、くらしの中へ「小さな」しあわせを届けようと
「ものづくり」をしています。
 

 
            - 土ものマット -

 
そんなカネコ小兵には、
平成20(2008)年の発売開始以来、
国内のみならず海外でも多くの注目を集めるシリーズ
ぎやまん陶」があります。
ガラスのような透明感と、
漆器を思わせる深みのある風合いを焼き物で表現したものです。
 
創業100年となる窯元の3代目伊藤さんが手掛けた、フランスの一流シェフが愛用する器の特徴は菊の花を思わせる模様と溶け出すような色の奥深さだ。参考にした器は長野県で作られた木曽漆器だという。漆の溜塗の色を表現したいと考えた。土岐市下石町、かつて町の産業を支えたのは徳利だ。伊藤さんの工房も最盛期には年間160万本を手掛けていた。年々需要が減りそこで考えたのが菊の花を思わせる皿だった。伊藤さんはこの地方で育まれた技を活かすことにした。まずは釉薬作りの名人・福岡さんに相談した。溜塗のような深みのある色を出すまでにはとても苦労したという。釉薬の配合、窯の温度などを調整し、伊藤さんの思い描いた色に近づくまで6年かかった。
 
漆の溜塗のような深みを出すために選んだ紋様は菊割だ。形作るために鋳型を使う。この型を作りあげたのは奥村則義さん。型作りの道具も新たに作り、6種類の道具を使い分け菊の花びらの輪郭を削る。次に花びらを整える。1週間かけて磨き上げた原型、繊細なラインを活かすために使う粘土も慎重に選ぶ。蛙目粘土の粘り気と白さが独特の飴色を活かす鍵だ。
成型を担当するのは林幸司さん。粘土を撹拌し滑らかになった泥を、鋳型に流し込む。圧力をかけ隅々まで泥を押し込む。約30分後、菊割の花びらが際立つ皿が現れた。仕上げは釉薬づけ。ハサミを自在に操り釉薬をつけ、漆のような深みのある色に焼き上げる。伝統の知恵と技、この地方の粘土が漆のような深みのある焼き物を生んだ。
 

 
 
ぎやまん陶」最大の特徴は、
まるで漆の溜め塗りのような奥行きのある色合いと、
ガラスのように繊細な透明感が共存する滑らかな光沢です。
釉薬を知り尽くした釉薬屋さんと一緒に試作を重ね、
2年半かけて完成させました。
 

 
また、中央から美しく伸びる放射線状の花びらの線は、
気高く凛とした佇まいを生み出しています。
㎜単位の細かい作業であるため、
熟練した職人によっても
型を掘るのに片面だけで3日、完成には1週間掛かります。
 

 
こうして出来上がった「ぎやまん陶」は、
ガラスと間違えるほどの輝きを持つので、
料理を盛った時に料理が一層映えます。
また、1300℃の還元焼成で焼き上げられているため、
温める程度の電子レンジや食器洗い乾燥機も使えます。
 

 
現在、番組でも紹介されていた「漆ブラウン」に加えて、
「墨ブラック」「茄子紺ブルー」「利休グリーン」の4色があります。
 
<漆ブラウン>

  

 漆器を思わせる深みのある風合いをやきもので表現したものです。
 
<墨ブラック>

  

   まるで漆の溜め塗りのような奥行きと、
  ガラスのように繊細な透明感が共存する、
  滑らかな光沢が持ち味があります。
  濃淡で表現する、日本人の美意識が生んだ、墨色の世界。
  無駄をそぎ落とした水墨画のような風合いは、
  禅の心にも通じます。
 
<茄子紺ブルー>

  

  日本古来の藍染の色をやきもので表現。
 
<利休グリーン>

  

  美濃焼の伝統である織部釉を現代風にアレンジしたもの。
 
  • 住所:〒509-5202
       岐阜県土岐市下石町292-1   
  • 電話:0572-57-8168
 
 
 
美濃焼に代表される焼物は「志野」や「織部」だ。安土桃山から江戸時代の始めにかけて数々の独創的な器が生み出された。その後、陶器だけでなく磁気も手掛けるようになった。常に新しい技への挑戦が美濃焼の歴史を築いてきた。生産量が増えるとともに、分業制が発達した。また地域ごとに茶碗やお猪口などそれぞれ専門に作るようになった。駄知町で作られていた丼は、多い時は約130の窯元があったという。
 
高井宣泰さんは、祖父の時代からどんぶりを作っている。生活様式の変化で新しい形の食器が求められるようになり高井さんの代からはモダンでシンプルなデザイン性の高いものに変えていったという。料理との相性が良くないと避けられることが多かったマット釉を使い、洋風なライフスタイルにも合うような器を手掛けた。直線的な器にするためには手作業での感覚が大切だ。高井さんは今の若い人への感性に訴えるものは何か、家業を継いだ時新たな方針を立てた。こだわりは肌触りや風合い、色の柔らかさを求めたマットな釉薬。30代・40代の女性に好まれる色を考え改良を重ね、選んだのは15色。艶なしに仕上げる決め手は、釉薬の濃さと釉薬に浸す時間だ。
 
 

2.SAKUZAN(作山窯・髙井宣泰さん)

 
岐阜県土岐市、駄知に工房を構える
「SAKUZAN」(作山窯)は、
美濃焼の伝統に現代のエッセンスを取り入れた
新しいスタイルの和食器を提案しています。
 

 
コンセプトは「料理のための美しい器」。
暮らしになじむ佇まいの美しさ、使う度に実感する機能美、
器にとっての美しさを求め、
独自の視点を生かした作品を次々と発表しています。
 

 
SAKUZANでは、14種類の土、100種類以上の釉薬、
そして3通りの焼き方を使い分け土の素材感を意識した、
モダンなデザインと独特の色合いを器に投影しています。
気軽に買い揃えられる価格帯も支持され、
今注目を集めているブランドです。
 

 

SAKUZAN 

  • 住所:〒509-5401
       岐阜県土岐市駄知町1363−4
  • 電話:0572-50-0393
 
約1センチのタイルのピアス。手掛けたのは老舗タイルメーカーの3代目・鈴木耕二さん。明治から昭和にかけて暮らしを彩ってきた美濃焼のタイル。需要は減ったが懐かしさのあるタイルが今見直されている。外壁など以外の使い道はないか、鈴木さんが思いついたのが身につけるタイルだ。ピアス用のタイルを作るため圧力を変えた。材料の土は丸い粒状に加工した。素焼きした後、手書きで絵付けをする。

3.やきものアクセサリー(七窯社・3代目 鈴木耕二さん)

 
七窯社は、
創業70年の老舗タイル屋の伝統と装飾技術を生かした
美しくも温かみのある「やきものアクセサリー」を行っています。
一個一個、手作業で作っているので、
一つとして同じものはなく、それぞれに味わいが出ています。
特に、色へのこだわりを大切にしていて、
釉薬は全て原料から調合して作られています。
 
<まれもの>

  

   陶芸作家、“ののむらみなみ”さんが、
  一つ一つ心を込めて作り出した類まれな一品。
 
<かまもの>

  

  七窯社の職人が1つ1つ心を込めて制作したアクセサリー。
 
<てのもの>

  

  地元で活躍するクリエイターが、
  こだわりの感性で表現したアクセサリー。
 
<メンズアクセサリー>

  

  シンプルなスーツやシャツにワンポイント付け加えることで、
  一味違う趣を演出します。
 
 
令和元(2019)年11月には、
体験工房『七窯社 鈴木タイル店』がOPEN。
アクセサリー販売、ワークショップ、タイルの工場見学が出来ます。 
 
 

七窯社 鈴木タイル店

  • 住所:〒507-0018
       岐阜県多治見市高田町 106 8   
  • 電話:0572-22-0388
 
 
<参考>
 

f:id:linderabella:20210513110253j:plain