MENU

徳島県・「木製品」

 
徳島県は歴史や文化、自然も豊かな所です。
特に県土の76%を占める森では「徳島すぎ」がすくすくと育っています。
 

 
徳島県の吉野川以南、特に剣山周辺は、全国有数の多雨地域です。
水が豊かなので米は多く実るのですが、一方で地滑りが頻発する地帯でした。
そのため斜面にスギが植えられました。
 
那賀川上流は「木頭林業地帯」と呼ばれ、昔は焼き畑農業が行われていました。
アワ、ヒエ、ミツマタなどが耕作され、焼き畑跡にスギが植えられたのです。
吉野川流域の美馬、三好などでは広葉樹による木炭の生産が盛んでした。
その伐採跡地にはミツマタやタバコが栽培され、
最後にスギを植えるという林地利用が進みました。
そうして明治以降、全国屈指の林業地としてスギが利用されてきました。
 

 
徳島には「阿波水軍」という一団があり、
全国屈指の海軍力を誇っていました。
特に「大阪の陣」や「朝鮮出兵」での戦功は広く知られています。
 
徳島藩では水軍の軍用船の用材を確保しておくために、
特に大切にする樹木を
「真木」「五木」(欅、樅、栂、杉、檜)などと呼んで、
計画的な伐採を行いました。
 
そして阿波水軍の造船廃材は船大工に払い下げられ、
彼らが内職として始めた下駄、建具作りは
後の徳島市での木工家具製造へと発展します。
 
廃藩置県後、水軍の船大工は持っていた高度な技術を生かして
箪笥、針箱、雨戸障子などの建具、桐下駄の製造を
本業とするようになりました。
特に、「鏡台(阿波鏡台)」は
静岡県とともに鏡台の全国二大産地となりました。