MENU

美の壺「こころ震わす 巨石」 <File542>

不思議な存在感を放つ「巨石」。
茨城県・筑波山や島根県・鬼の舌震の巨石群は、
自然が作り出す天然の美を誇る。
群馬県・榛名神社には神の在所としての巨石が、
島根県奥出雲には
人気漫画のモチーフとされる巨石や神そのものの巨石群が。
彫刻家・絹谷幸太さんは「石の声」に耳を傾けながら巨石と向き合う。
香川県在住の石彫家・和泉正敏さんは、
芸術家イサム・ノグチと長く共同製作、自らの家も巨石で作り上げた
 

 

 

美の壺1.天然:想像の世界を楽しむ

 

弁慶七戻り(筑波山地域ジオガイド・矢野徳也さん)

 
日本百名山の1つに数えられる茨城県の「筑波山」は
男体山と女体山からなる標高887mの山です。
中腹から山頂にかけては、ユニークな名前がついた
不思議な形の巨石がいくつも見られます。
 
ジオガイドの矢野徳也さんに紹介していただきました。 
 
 1.大仏岩(だいぶついわ)
   高さ15メートルの大仏様に似ている
 2.ガマ岩(がまいわ)
   ヒキガエルのように大きな口を開けた形
 3.出船(でふね)と 入船(いりふね)
   二つの大きな石が並んでいる岩は「出船入船」の名がつけられていて
   左側が船の舳先、右側が船尾を表している
 4.弁慶の七戻り(べんけいのななもどり)
   勇敢な弁慶が、頭上の岩が今にも落ちそうで
   潜ろうかやめようかと7回躊躇したという伝説から名付けられた
 
筑波山の斑糲岩(はんれいがん)という岩石は、
堅牢で崩れにくく風化しにくいのですが、
大きな割れ目が入るという特徴があります。
弁慶の七戻りも大きな割れ目の上に大石が挟まっています。
 

 
 

鬼の舌震・鬼の試刀岩・鬼の落涙岩
(奥出雲町 ガイド・早川正樹さん)

島根県奥出雲町(おくいずもちょう)の山中、
大馬木川(おおまきがわ)の中流には、
全長2kmに及ぶ「鬼の舌震い」(おにのしたぶるい)と呼ばれる渓谷があり、
ここには無数の巨石がひしめき合っています。
 

 
ガイドの早川正樹(はやかわ まさき)さんによれば、
「玉日女命(たまひめのみこと)伝説」から名付けられたのだとか。
 
その昔、この地の女神・玉姫(玉日女命)に恋した
ワニ(出雲地方の方言でサメのこと)が川を遡って来るのを拒んだ姫が
ワニが登って来られないように大きな石を川に投げ込み阻んだことから
ワニが身体を震わせ悲しみ、泣きました。
恋しんで「ワニがしたぶる(恋い慕う)」が訛り
「鬼の舌震い」という名で呼ばれるようになったそうです。
 

okuizumo.org

 
 
渓谷の中には鬼の名を冠した巨石があります。
 
 1.鬼の試刀岩(おにのしとういわ)
   鬼が刀を試し斬りした岩だと言われ、
   岩を真っ二つに割れた様子が人気アニメ「鬼滅の刃」の名場面、
   主人公・竈門 炭次郎が斬った岩に似ていると言われ、
   人気を集めています。
 
 2.鬼の落涙岩(おにのらくるいいわ)
   大きな窪みから川の水が流れる様が、
   まるで鬼が涙する様子だと名が伝えられています。
   玉姫に恋焦がれるワニ(サメ)の涙ですしょうか。
 
 

奥出雲 歌人が詠んだ巨石「鬼の舌震」(与謝野鉄幹・晶子 夫妻)

巨石ひしめくこの地は、避暑地としても多くの人々を魅了してきました。
昭和5(1930)年5月には、
歌人の与謝野鉄幹(よさのてっかん)・晶子(あきこ)夫妻も
山陰地方を巡る10日間の吟行旅行で「鬼の舌震」に立ち寄っています。
玉造温泉に滞在し、「鬼の舌震」を訪れた与謝野夫妻。
『山陰遊記』には、この時詠んだ歌が載せられています。
 
奥山の 橋一すぢの ものならで 岩より岩へ 次次に掛く 晶子
 

 

 
 

美の壺2.ひとの願いを受けとめる

 

群馬県高崎市「榛名神社」(宮司・佐藤真一さん)

1400年以上の歴史のある榛名神社の境内には
巨石がいくつもあります。
「瓶子の滝」(みすずのたき)は、
お神酒を入れる器、「瓶子」(みすず)に似ていることに
その名前の由来があります。
 
宮司の佐藤真一さんは、この風景を日々楽しんでいます。
榛名神社の特徴は、境内全てが岩で出来ていることです。
代表する岩は、「御姿岩(みすがたいわ)」です。
高さ48mでその名の通り、神の姿に見える巨石です。
岩が拝殿と接していて、
ご神体は巨石の中に入っていらっしゃると言われています。
 
江戸時代には、関東一円より豊作祈願のために
「榛名講」のお札を求めに訪れています。
そしてお札には御姿岩が描かれています。
榛名神社は大勢の人の祈りを叶え、今も変わらず見続けています。
 

www.haruna.or.jp

 

島根県「立岩神社」
(写真家・須田郡司さん、氏子代表・金折徹也さん)

出雲は石神信仰の盛んな地域で出雲風土記にも記されています。
世界中の巨石を映す写真家・須田郡司(すだ ぐんじ)さんは、
巨石を巡る長い旅を経、て出雲市へ移り住みました。
須田さんに案内いただいたのは森の中に佇む「立岩神社」です。
最も高い所で12mになります。
巨石そのものがご神体です。
 
氏子代表の金折徹也(かなおりてつや)さんは、
月に1度は必ず訪れ、境内の清掃をして神様を守っています。
金折さんの子供の頃には、周囲には田が広がっていたそうです。
立岩神社は水の神様を祀っています。
日照りが続いて雨が降って欲しい時に祈りに訪れると
必ず雨が降ったのだそうです。
毎年9月には感謝を捧げる祭礼があります。
祈り続けた場所を後世にも伝えていくのでしょう。
 

www.city.izumo.shimane.jp

 

 

 
 

美の壺3.向き合い、語り合う

 

若き彫刻家とギリシャ石との出逢い

彫刻家・絹谷幸太(きぬたに こうた)さんは、
創作意欲を駆り立てる石を求め世界中を旅しています。
ブラジルで手に入れた花崗岩は
5億年前に起源のある石で
その石を用いると地球そのものを感じることができるそうです。
 

kotakinutani.com

 
製作をする過程で心掛けているのは、
石を単なる素材として扱うのではなく、
素材自身の声に耳を傾け、石と対峙すること。
石が製作者・主役となり、絹谷さん自身が素材・脇役となります。
そんなきっかけとなった作品が
ギリシャ産の石を使った「ピエトロ・デイ・パラゴーネ」です。
石をノミで打つ作業をしていた時、
大きく響く音が石から素材自身の叫びとなって聞こえてきました。
石の持つパワーですね。
 
 

芸術家の魂が残る「石の家」(香川県高松市牟礼町)

高松市牟礼町は優れた石「庵治石」(あんじいし)の産地です。
石彫家の和泉正敏(いずみ まさとし)さんは、
石の持つ自然な肌合いを大切にして石が楽しく残るようにと
石と実直に向き合ってきました。
 

www.izumi-stoneworks.com

 
和泉さんの自宅「石の家」は、石で出来ています。
2年の歳月をかけて和泉さんが造りました。
使われている石の大きさも形も様々です。
石の家を建てるきっかけになったのは、
芸術家イサム・ノグチとの出会いによるものです。
 

 
和泉さんは、イサム・ノグチの石作品のパートナーとして
四半世紀に及び共同で作品を作りました。
代表作「黒い太陽」(シアトル美術館)も手掛け
制作過程の一部は和泉さんの家の大国柱となっています。
 

www.junglecity.com

 
生前、イサム・ノグチは、和泉邸を「現代のお寺」だと語っていました。
部屋の中にはイサム・ノグチの影響があらわれている部屋もあります。
所々、提灯をランプにした「あかり」もあります。
毎年11月には、イサム・ノグチのお誕生日会をしています。
芸術家 イサム・ノグチの魂がここに眠っています。
 

 

f:id:linderabella:20210513110059j:plain