MENU

イッピン「斬新!丈夫!挑戦する漆~秋田 川連漆器~」

<番組紹介>
これが本当に漆器!?
カラフルなストライプのイタリアン・デザインのお碗。
金属器と見まごうしゃれたカップ。
モダンな器を次々に生み出す秋田の川連(かわつら)漆器
 

利山 LI-ZAN

カラフルでシャープなストライプが際立つ
イタリアン・デザインのお椀 「kawatsura SHIーKIコレクション」は、
利山の熟練職人とイタリアで活躍するデザイナーとの
コラボレーションによって実現したものです。
 
 利山 LI-ZAN
  • 住所:〒012-0105
       秋田県湯沢市川連町上平城2−5 
  • 電話:0183-42-2900
 
 

「たなごころ」「ひとさじ」(佐藤善六漆器店

介護施設から
「汁物を入れてもおわんが熱くならない」
「口当たりが良く、温かみを感じる」と好評の食器。
作ったのは佐藤善六さんです。
お椀や小皿などの器は握力が弱い高齢者でも持ちやすいよう、
指をかけるための深いくぼみを周りに付けたのが特徴です。
スプーンとフォークは握りやすさを重視して
柄を大きくカーブさせました。
佐藤善六さんは
「普通の食器と見分けがつかないデザインになっていので、
 介護施設などだけでなく、家庭でも使って欲しい」と話しています。
器は「たなごころ」、
スプーンとフォークは「ひとさじ」のブランド名で販売されています。
 
 佐藤善六漆器店
  • 住所:〒012-0105
       秋田県湯沢市川連町大舘屋布前6 
  • 電話:0183-42-2467
 
 

漆工房 攝津 

鋳物のようでも銀器のようでもある洒落たカップ。
木は熱を伝えにくいので、ガラスや陶器よりは結露しませんし、
手の熱も伝わりにくく、氷が融けにくいという利点もあります。
攝津さんは「漆掻き」を行っています。
去年、仲間を集め、復活させたのです。
「漆を掻く」とは「漆の木から樹液を採取すること」を意味しています。
掻子(かきこ)と呼ばれる職人が、
樹液を採るために漆の木に刃物で傷をつけていきます。
すると、木は傷の修復をしようと樹液(漆)を傷口に流します。
それを掻子がヘラで集めていきます。
 
 漆工房 攝津
  • 住所:〒012-0105
       秋田県湯沢市川連町大舘下山王141−3  
  • 電話:: 0183-42-3514
 

関連記事

omotedana.hatenablog.com

 

f:id:linderabella:20210513110253j:plain